So-net無料ブログ作成

緊急情報。Flash Player 11 の互換性問題。 [FLASH !]

10月4日にリリースされた、フラッシュプレーヤーの最新バージョン Flash Player 11 に、重大な互換性問題のある事が確認されましたので緊急掲載します。

Macromedia 時代の AS2スクリプトで作成された一部の .swfファイルが、表示できなかったり動かないという現象が多数確認されました。(どういう記述で引っ掛かるのかは確認中)

いずれにせよ、過去数年間、問題なく動作してきた Flashファイルの幾つかが、今回リリースされた Ver.11をインストールしたとたんに、まともに表示すら出来なくなってしまうのは事実です。(実際、当ブログで紹介している Flash もかなりの影響を受けています)

最新のサイトだけでなく、新旧様々なサイトをご覧になる方は、当分の間、Flash Player 11 への更新は、様子見された方が良いのではないかとお勧めします。

もし、Flash Player 11 を既にインストールしてしまって、元に戻したい場合は、 Uninstaller でアンインストールし、旧バージョンのプレーヤーを再インストールすれば元に戻ります。
アンインストーラ、および旧バージョン(Flash_10.3)が手元に無い方はこちらからどうぞ。


一つ前のブログで紹介した、Walker View も被害を受けてしまいました。(新技術なのに!)
iPad 風操作がウリの弊社ホームページにいたっては、ほとんどの表示が消えてしまい悲惨なもんです。
もちろん、新バージョンでも表示するように なんとか対策はしてはいきますが、、、 ADOBEよ、 もっと考えてバージョンアップせいよっ!
社会的な責任をどう考えてるんでしょ? これだけ普及した Flash は、既に社会みんなの財産なんですからね。

対HTML 5 にばかり気を取られて、Flash 同士の互換性までおざなりにしてると、
ホントに FLASH の評判落としちゃいますよ。旧Macromedia の開発陣も泣いとるぞ。




更新情報:20111006
取り急ぎ、Walker View は、ファイル作成方法を変更し対応させました。弊社ホームページに関しては、もう少し時間がかかります。


追加情報:20111007
ADOBE のカスタマーサポートに連絡しました。ADOBEからは、過去の全バージョンに対する互換性を確保して開発しているとのコメント。それ以上の事は何も言わないし、まぁ、カスタマーサポートだから、それ以上の事は言えないわけで。
とりあえず、影響を大きく受けている弊社ホームページのアドレスをお知らせしたので、恐らく症状の確認ぐらいはしてくれるとは思うのですが、きっちり対応してくれるかどうかは未知数。
だいたい、こういうバグ報告は、今までずっと無視してきた会社ですからねぇ。

このまま、ADOBEが対策しないままなら、、、
こんなままの FLASH なら、いよいよ持って、FLASH に見切りをつけないといけないかもしれない。
さらば FLASH、ということになるのか。
10年積み上げてきたノウハウを捨てて、HTML 5 にシフトすべきかどうか悩んでいるところ。
Windows 8 も FLASH から HTML 5 へのシフトを宣言したところなので、ちょうど良い頃合いかも。
いずれにせよ、負担は大きいなぁ。


追加情報:20111008
とりあえず、対応できるものはファイルを修正しましたが、対応できないものについては下記のようなメッセージを表示させるようにしました。
FP11.png
FLASH 8 形式で、バージョン判定のスクリプトを組みましたので、ご入用の方はこちらからダウンロードしてください。当ブログにリンクするようにしてありますが、自由に改変いただいて結構です。
File名:FP11_Alert.zip  *20111111 → FP11.0_Alert.zip に変更しました。



→追加情報を公開しました。:20111011



追加情報:20111025
他のサイトでも、結構不具合が出ているようです。
 → ココログ(現在は対策済みだそうです)
 → YouTube など。 他にも開いた瞬間に落ちるなどが報告されています。
 → 色々報告されています。


追加情報:20111111
とりあえずは、朗報! 11月10日にリリースされた、Flash Player 11の最新バージョン11.1.102.55 では、当ブログで報告した互換性バグが修正されました。
珍しいこともあるもんだ。クレーム対応するなんて。とりあえず今回の件だけは 目をつぶりましょうか。
それにしても、昨日発表された アップグレードポリシー変更は頂けない。


追加情報:20111111
Flash Player 11.1.102.55 で問題点が修正されたことを受け、メッセージを下記のように変更しました。
バージョン判定のスクリプトを、11.0 に限定しましたので、11.1では表示しません。
FP11.0.png
ご入用の方はこちらからダウンロードしてください。リンクは ADOBE の Flash Download サイトに変更しました。
File名:FP11.0_Alert.zip


追加情報:20120111
android版 Flash は、バージョン10にも色々問題のあることが解りましたので、上記アラートデータでは、android版最終バージョン以外の全てのバージョンに対してアップデートを促すメッセージを出すように修正しました。修正日時は20120111です。それ以前にダウンロードされた方は再度ダウンロードして下さい。
なお、android版 Flash の最終バージョンである11.1では、表示上のバグは解消されており、さらには動作速度の向上も実感出来るためお奨めです。(android版 Flash に関して
android スマートホンをお持ちの方は、Flash最終バージョンに更新されることをなにより強くお勧めします。





タグ:Flash FreeHand
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(12) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 4

momo

ASPECTさま、おはようございます。
掲示板へお知らせ、ありがとうございました。

つたない翻訳ですが
取り急ぎこちらにも念のためお知らせいたします。

***********************************************
オーケー、確かめました。
私がFlash 10をインストールして試してみたところ、
このページとあなたが送ってくださったサンプルは問題なく動きました。
けれどFlash 11をインストールすると
どちらも「?」サインが出てくるだけで動きません。

この事実はわれわれの訴訟において有利に働くかもしれません。
われわれはこの事実を広く告知するつもりです。

お知らせいただいて、ありがとうございました。

***********************************************

もう、ほんとうに、
Adobeのやり方にはウンザリです!!!
by momo (2011-10-10 10:10) 

aspect

momoさま 翻訳ありがとうございます。
Yahoo の自動翻訳では、? の部分が疑問形として訳されてしまい
意味不明な文章になってましたので momo様に翻訳お願いしてしまいました。
お手数おかけしました。でも、訴訟に有利に働くかもしれないニュースだったので、
momo様にもお知らせしたくって。

今回の Flash Player 11 の仕様の中身には、明らかに FreeHand がパブリッシュしたファイルを見分けて、それを表示させないためのプログラムが組み込まれているような挙動を示します。(もし、それが偶然に生じたバグだというならば、ADOBE は早急に修正しなければなりません)

昔、FreeHand と Illustrator がシェアでしのぎを削っていた頃、同時に立ち上げると、FreeHand のクリップデータを Illustrator が消しに掛かるという暴挙を働いていましたが、それと同じようなやり方だと私は感じています。

ADOBE という会社は、あまりに利己的で、自分にとって都合の悪いことに対しては、姑息な手を使ってきますね。今回の訴訟でも、わざと時間稼ぎをしておいたことで時効を主張していること等も、姑息な考え方の現れです。

訴訟の報復手段として、意図的に今回のようなプログラム仕様としたのならば、ソフトウエア開発会社としての資質も問われる、最低最悪な会社と言わざるを得ないでしょう。

by aspect (2011-10-10 12:13) 

古きものは良きかな

はじめまして。
以前から私はフラッシュはver10.0.45以降更新しないと決めてました。
(winXP・IE)

なぜなら、
それ以降のバージョンではOS標準の省電力機能が働かなくなるという
昨今の温暖化で省エネ推進上、重大な弊害があるからです。
また
同様に新バージョンではオフスクリーンでの動作は停止してしまうのも、
問題ありです。(動作はしててほしいが離席したい時、ウィンドウを最小化しての省エネができない)

文字入力も背景色によっては見辛い仕様になったし。。。


とにかく、10.0.5~以降のアドビーフラッシュはイケテナイだと思います。

PS,最近バージョンが古いって出て突然起動できなくなるオンゲーが増えてきた…ゲーム自体はアプデートも何もされて無いのに・・これもアドビーの策略か!?? >皿<
by 古きものは良きかな (2011-11-09 18:47) 

aspect

古きものは良きかな様 コメントありがとうございます。

ソフトウエアのアップデートには気をつけないといけませんね。
当然最新のものが良いはずである...と盲目的にやってると、エライことになるのは、
皆が少なからず経験していることと思います。

アップデートした途端に、今迄使えていた機能が使えなくなったとか、
思わぬところに悪影響が出た...なんてことは日常茶飯事ですが、
それ以上に!
アップデートするたびに、はっきりと OSの動作速度が落ちて行くことが多いのも、
大いに気になるところです。

更新用のソフトウエアは、機能が追加(継ぎはぎされていると言った方が適切)され、
さらには、最新のハードウエアに対応させることを優先するがために、
最新でないハードウエアを大事に使っている人にほど、
リスクが大きく、動作速度も影響を受けやすくなる傾向があるのでしょうね。

私は MAC 派で、現行の MAC Pro を使っていますが、OS は 10.6.6 で止めています。
一度 10.6.7 に更新して、PSフォントが表示されなくなって仕事に重大な影響が出、
OSを再インストールする羽目になってしまったからです。
10.6.8でバグは修正されたようですが、試しにインストールしたところ、
動作速度が1割以上遅くなっていたため、やはり10.6.6に戻しました。
(10.6.8は、Lion への更新のための余分な機能が含まれている為と考えられます)
最新の OS Lion は試してませんが、さらに遅いという書き込みも目にしますから、
アップデートで Lion に更新することは、もはや考えることもないでしょう。
( Rosetta が機能しないからというのが最大の理由ですが。)
Lion 以降を使うのは、いずれ最新のハードに乗り替えてからのことです。

アップデートは、メリットとデメリットを秤に掛けて、慎重にすべきですね。
Flash Player 11 も、検証用に1台には入れてありますが、他は当分の間、
10のままに停めておくつもりです。

それにしても、Flash Player 11 を 10に戻したいと考える人は多いようです。
当ブログにも、連日そのような検索で来られる人が後を絶たず、アンインストーラーの
ダウンロードも、相当数カウントされています。


ところで、貴方のニックネームの通り、古いものの中に素晴らしいものを見つける喜びは
ひとしおですよね。
私のブログの中では、デザインモノや、NSスピーカーなどがそれにあたります。
オークションサイトで、かつての名機と呼ばれるようなものを物色するのも楽しみです。

by aspect (2011-11-10 01:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 12