So-net無料ブログ作成
検索選択

すごいぞ FreeHand:ページもの編集 [FreeHandで行こう!]

【 FreeHandで行こう!】その58 <すごいぞ FreeHand:ページもの編集>
FreeHand ブログ、しばらく休んでましたが、約1年ぶりに再開です!

***

このシリーズでは、FreeHand の優位性を紹介しています。
FreeHand の情報を求めている方や、Illustrator ユーザーの方にも、お役に立てれば幸いです。

今回からは、 「すごいぞ FreeHand」と題してざっくばらんに話を進めていきます。
初めてお越しの方は、FreeHand をご理解頂くために 総集編か カテゴリーTOP もご覧頂ければ幸いです。

     → FreeHand _総集編はこちら    → FreeHand _カテゴリーTOPはこちら

***


今回のお題は「ページもの編集が凄いぞ! by FreeHand」です。


先ずは DTP A4縦 112ページ(A3見開き 56ページ)の FreeHand ドキュメント制作実例画像。ご覧あれ。
Multi_Page_Document.jpg
ページ平均約5,000文字、およそ20万文字のテキストメインの編集もの + A4広告12ページの DTPコンテンツ。
複数のマスターページ、インライングラフィックや、テキストリンクを駆使。 詳しくはこちら
頻繁に原稿修正が入り、ページ数やページ順も激しく変化しましたが柔軟に対応することが出来ました。
Mac Pro(ロゼッタ環境)でもサクサク編集可能でした。



そして、Flash パブリッシュ用 B4横 159ページ(予備ページ含)の FreeHand ドキュメント制作実例画像。
Multi_Page_Document-2.jpg
ズーム、ドラッグページ切替え、ページ間リンク、動画再生等の機能を持たせた Flash コンテンツ...
こちらのようなコンテンツは、ネイティブマシン G5 が安定していて速いです。



なにが凄いって、解り易く言えば、Illustrator と同等以上のデザイン編集機能を使いつつ、100ページ位のページ物が自在に作れるってことです。(DTP だけでなく、プレゼンデータまで!)


え、Illustrator でもページ物が作れるようになったって?
ですよね。CS4(バージョン14) からは、Illustrator もようやくページ物対応になりました。
でも、それって、上で紹介した FreeHand のマルチページ機能を そのまま移植 したものなんですよ。
しかもかなり仕様ダウンして。 で、重いし。

そもそも、Illustrator でページ物を制作する場合、従来は1ページずつバラバラに作って、Quark Express や InDesign と連携しながらページ編集するか、10ページ物ぐらいまでの小冊子ならバラバラのページのまま制作を進めるという方法をとるしかありませんでした。

その点、FreeHand は、バージョン4の時代(1990年代前半)から CS4に移植されたのと同じ仕様のマルチページ編集機能を既に搭載していたんですよね。
更には、Illustrator にはいまだに搭載されていない「マスターページ機能」や「インライングラフィック」「グラフィック検索置換」等を使った編集や、Flash アクションスクリプトを駆使した マルチページ Flashプレゼンコンテンツが作成出来るまでに進化していたのですよ。


ちなみに、FreeHand で作成出来る「マルチページ Flashプレゼンコンテンツ」って、こんな感じ。
ドラッグしてください。(最初は右方向にですよ。少なくとも 11ページまではめくってくださいね。)


スライドバーでページをめくってみてください。データの高速さに驚かされるでしょう。
サンプルですが、159ページのコンテンツ。Illustrator では、こんなの逆立ちしたって作れません!!



実際の FreeHand ドキュメントはこんな感じに作りました。
Multi_Page_Document-3.jpg
作り方に興味のある方は、こちらをご覧下さい。


この機能は、掛け値なしに凄いものです。
10年経っても、まだ これほど柔軟に、これほど高機能にプレゼンコンテンツを作れるソフトを私は他に見た事がありません。
CS3 以降の Illustrator の新機能は、ほとんど FreeHand から移植されたものですが、バージョンアップに もったいを付ける為か、移植に時間を掛け、少しずつ小出しにして来ました。いまだに FreeHand の持つ特色ある機能の多くが取り込まれないまま温存されているんですよね。(CS7以降のネタとして取ってるんですね。何なら私が候補を挙げて予言しましょうか....って、次回以降、ここで小出しにしていきますから。)
追記:201306
Illustrator CC 発表前に書いた記事(次の、すごいぞ FreeHand 画像編やテキスト編)での多くの機能が、ほぼそのまま Illustrator CC に反映されていますよ。候補に挙げた通りになりました。
やっぱり、Illustrator は FreeHand に追いつくことを目標に開発を続けているんですねぇ。

今回紹介した機能も、いずれは Illustrator に搭載するつもりだったんでしょうけれども、FLASH を自滅させてしまった ADOBE としては、今更 Illustrator に搭載する可能性は低くなってしまったのではないでしょうか。
そういえば、CS6 の新機能が小ネタばかりだったのは、もしかして、この辺りの開発が急遽頓挫したのが原因だったのかもしれませんね。


***

今回は、「ページもの編集が凄いぞ! by FreeHand」ということで、Illustrator にはマネの出来ないようなページ物編集をご紹介しました。まだまだこんな感じの知られざる機能が色々ありますので、引き続き紹介して行きたいと思います。

10年前のアプリケーションとあなどるなかれ。
Illustrator CS6 と比較されても、まだまだ勝ってる部分の方が多いんですから。ホントに。


追記:ちなみに、マルチページドキュメントについてもう一言。
Illustrator はページ物 PDFを開く時 1ページずつしか開けませんが、FreeHand は一気に全ページ開くことが出来るんですよ。しかも、非常に高速に。こちら参照あれ。


ちょっと、FreeHand を自慢たらしく書いてしまいましたが、知られざる事実を知って欲しいが為に、このような書き方をしてみました。Illustrator ユーザーの方には、お気を悪くされましたら申し訳ございません。



***


FreeHand の最終バージョン【 FreeHand MX 】は、この春発売10周年を迎えます。
既に開発が終了して10年を経たことになりますが、いまだに FreeHand を超えるプロ用グラフィックアプリケーションを私は知りません。
ただ現役で使うには、新しい OSと、新しいファイルフォーマットへの対応が懸念されるところです。

Windows版は、Windows 8 環境でも まだ動くようです。(私は未確認ですが、そのように聞いています)
  ↑ 上記検証しました。Windows 8 環境でも問題無く動きますよ!
    ↑ システム更新で問題発生する場合があります。詳しくは →こちら

残念ながら、MAC版は、Snow Leopard が動作する最後の OSになってしまい、Lion 以降のOSを積んだ MAC上では動作しなくなってしまいました。
ネイティブで動く G5 か、ロゼッタで動く Snow Leopard マシンは、FreeHand を使うには必須マシンになります。

新しいファイルフォーマットへの対応は、手持ちの Illustrator CS4 あたりをファイルコンバーターとして使っています。コピペで持って来れるし、FreeHand の生ファイルを開いてくれるのでその意味では役に立ちます。
(但し、CS6は使えません。諸事情により、FreeHandとのファイル交換ができなくされているからです)

何なりと工夫して FreeHand を使い続けます。こちらでは、そのような情報も発信して行きたいと考えています。

 → すごいぞシリーズその2 【すごいぞ FreeHand:画像の扱い】 アップしました。



***


シリーズを続けています。初めてお越しの方は、総集編か、カテゴリーTOP(旧い順)からご覧下さい。
  →総集編 では、FreeHand の真の実力をご覧頂けます。
  →続・総集編 は、総集編の続編です。総集編と合わせてご覧下さい。
  →FreeHand_使い方 DTP編、FLASH編など含め、全10編。
  →FreeHand_INDEX はこちら
  →付録編 では、ざっくばらんな情報をご覧いただけます。諸々入れて全10編。
  →Tips編 1分で出来る小ネタ集など。全5編。
  →FreeHand VS CS4 では、最新版の Illustrator CS4 と比較しています。どうよ。
  →FreeHand VS CS5 では、最新版の Illustrator CS5 と比較しています。どうよ。どうよ。
  →FreeHand_入門編 Illustrator の作業が、FreeHand ではこんな感じ。全10編。
  →FreeHand_番外編 実践的に使える裏技テクニックほか、様々な情報を提供。諸々10数編。
  →すごいぞ FreeHand 編 今なお圧倒的な生産性の高さを誇る FreeHand の底力をご覧頂けます。
  →FreeHand VS Illustrator 初期バージョンから最新バージョンまで、ガチンコ比較してみました。

  → FreeHand インストール アクチベーションサーバ廃止に伴い、シリアルナンバーが公開されました。


***



  →FreeHand カテゴリー 一覧はこちら








nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(9) 

nice! 0

コメント 2

momo

待ってました!!
ASPECTさまのFreeHandシリーズ(´;ω;`) .*:・'゜☆。.:*:・

私はこのへんのことは知らないことが多いのですが、
その機能のはじっこをかじっているだけの私にとっても
FreeHandのマルチページはほんとうに得難いすばらしいものです。

はっきり言って、Illustratorのマルチページ機能は、FreeHandに比較すると相当に見劣りがします。
クライアントさんからデータをいただく特殊な件で、どうしてもIllustratorを使わざるえないケースがまれにあるのですが、
1つのドキュメントで複数のページを作成している場合、
少しデータが重くなると、保存自体ができなくなってしまったり、
強制終了してしまったりするので、ほんとうにあぶなっかしくて毎回神経がすり減ります。
かといって、FreeHandになじんでしまった身にとっては、今さらドキュメントを小分けにするなんて、ばかばかしくて非効率きわまりなく感じてしまいますし…

それにしても、Windows8でもFreeHandが動くというのは、ほんとうにうれしい情報です。
ASPECTさま、ありがとうございました!
by momo (2013-01-13 22:05) 

aspect

momoさま コメントありがとうございます。

まぁ、今さらって感じなんですけど、またやっちゃいました。
いえいえ、Illustrator との比較のことです。
(恒例の FreeHand VS... は、CS6は アホらしくてやってなかったんですけどねぇ。)
相手にならないのは解ってるんですけど、ついつい、声出して言いたくなりますもんね。

ちなみに、冒頭のファイルを Illustrator CS5 に開かせてみたところ、
なんとか開くことはできましたが、ページを移動したとたんフリーズしてしまいました。
Illustrator では、文字数が1万も超えるとほとんど動かないですからね。

プロ用アプリケーションを自称するなら、まだまだ ADOBE は研鑽がたりませんよね。

by aspect (2013-01-13 23:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。