So-net無料ブログ作成
検索選択

MAC の熱対策 [MAC遍歴]

この季節、愛機 MACも熱ダレで動作が鈍くなったり、場合によっては突然ブラックアウトする事も有り、ちょこちょこ施していた熱対策を全面的にやり直す事にしました。


MacPro の場合

Mid 2010 MacPro(3.33GHz 6-core Xeon SnowLeopard 仕様)は、ビデオボードの発熱が深刻でした。
以前ビデオボードを増設し 4モニタ仕様にしていたのですが、増設したビデオボードの熱暴走が頻発するようになって来たため(冷却ファンのモーターがヘタって来たようです)、3モニタ仕様に改め、ビデオボードも標準のもの(ATI Radeon HD 5770)1枚に戻すこととしました。
ATI Radeon HD 5770 は、1枚でトリプルモニタに対応しているのですが、2枚に分散していたものを1枚に集約すると、さすがに負担が集中したのか(1920×1200モニタ2台 + 1600×1200モニタ1台)やはり熱暴走を誘発。

そこで、対策として、ビデオボードの吸気口(ファンが回っているところ)に二段重ねにファンを増設することにしてみました。(おいおい)

ATI Radeon HD 5770_fun.jpg
乗っかってるのが追加のファン。


でも、これは予想していた以上に効果があり、(そういえば、G5のビデオボードにファンを付けた時も効果絶大だったっけ)81℃から63℃へ、一気に18℃も下げることが出来ました。

Temperature.png

グラフは、起動後の約1時間の各部の温度推移です。(計測ソフト:Temperature Monitor
アプリケーションは10以上立ち上がっていますが、特に作業していない時のものです。
ひときわ温度の高いのがビデオボード(藤色の線)。3モニタフル稼働中ですからね。

CPUの温度などは起動後すぐに落ち着いてきますが、ビデオボードは 80℃前後から下がる気配がありません。
途中、ケースを開け、うちわで扇いで熱を冷まそうとしましたが、グラフを見て解る通りハードディスクとメモリの温度が若干下がる程度で(真ん中より少し右寄り)ビデオボードにはほとんど効果がありませんでした。

そこで、ファンの増設です。ノートパソコン用クーラーから取り外したファンが有ったので、吸気口に両面テープで仮止めしてみました。給電は外部の USB から。(勿論、ビデオボードのファンも回っています)
もう、その瞬間から温度は下がり始めましたよ。途中温度が若干上下しているのは、効果を確認するために付けたり外したりしてみたからです。
で、取り付け後 数分で 64℃付近で安定。これなら熱暴走の心配も有りません!

実際、少し重めの作業をしてみましたが、全く安定して長時間作業が出来ました。
ただ、熱が消えた訳ではなくて、グラフィックボード周辺に滞留していた熱を強制的に排出しただけなので、MACの背後は相当な高温になります。80℃ぐらいの熱が排熱口から出てるわけで、真夏にストーブをたいているようなもんですね。ビデオボードだけで、約100Wだそうです。 ┓( ̄∇ ̄)┏

ちなみに、並べて置いてある Power Mac G5 Quad 2.5GHz は、輪をかけて発熱が凄い(550W!)ため、最近は夏場に電源を入れる事は有りません。G5 は2台あるんですけどねぇ。 ┓( ̄∇ ̄)┏
FreeHand から Flash を書出すなら断然 G5 がいいんですが、それ以外の作業ならロゼッタ対応 MacPro でも十分なので、いよいよ引退も近いかも? ジョブズも G5 の発熱の大きさで Intel CPU への移行を決断したって言いますもんね。



Mac mini の場合。

Mac mini は、現在3台が稼働中。
サーバーとして 24時間、10年以上働きっぱなしの Late 2005 Power PC G4 は、以前オーバーヒートしましたが、そのとき施した熱対策が奏効し、以後ノートラブルです。
MAC_mini_radiator.jpg


現在はアルミ放熱版(TwinBird「速鮮力」)でサンドイッチにし、電源アダプターも速鮮力に載っけています。

Mac_mini_G4_server.jpg
年中無休のサーバーは手に触れない場所の方が良いので、窓際から天井際の棚の上に避難しました。




mid 2010 Mac mini は、FreeHand が動く貴重な SnowLeopard マシンのため、HDD を SSD に換装し、いつでもすぐに立ち上がってくれる FreeHand 専用のピンチヒッターとして(重い作業は MacPro に任せて)スタンバイしています。


Late 2012 Mac mini は、映像編集にも使う 4コア i7 マシンで、かなり発熱します。Mac Pro はビデオボードの温度が高いんですが、i7 マシンは CPU にビデオ回路を内蔵しているため、CPU 自体が 100℃ を超える事も有るため、ビビっちゃいますね。


で、2010、2012 の Mac mini の冷却には、このような方法をとりました。

MacPro_mini.jpg
設置場所は、机の下になります。


MacPro と 速鮮力でサンドイッチ。MacPro の筐体は大きなアルミヒートシンクそのものなので、Mac mini の下面から出る熱を MacPro の筐体で放熱するというアイデアです。MacPro 自体は、強力な内蔵ファンで背面に熱が排出されるため、全面を覆うアルミ筐体自体はほとんど発熱しません。なので、Mac mini の冷却に利用しようという事です。さらには、速鮮力の上面からノートパソコンクーラー(ファン)で強制冷却もしています。

こちらはもともと速鮮力と強制ファンで冷却していたので MacPro ほどハッキリした効果は確認出来ませんが、下面からも放熱する事で、バーチャルOS上での作業など結構な負担を長時間かけても、熱ダレによる速度低下はあまり無いように感じました。


何はともあれ、大型アルミヒートシンク(特に「速鮮力」はおすすめ)と、要所に使うファンは効果絶大です。
MacPro もお持ちでしたら mini との組み合わせもお勧めですよ。

暑さにうだる MAC の熱対策の一助にでもなれば幸いです。







タグ:MAC遍歴
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。