So-net無料ブログ作成
検索選択

MAC遍歴--1 [MAC遍歴]

デザインオフィス、アスペクトデザインのMAC遍歴をご紹介。
1991年の独立を機に、「とりあえず...」導入して以来の、永い付き合いとなるMACと、
デザインアプリケーションを整理してみたいと思います。
なつかしい商品名などに興味ある方おつきあい下さい。
 
 
私のMAC遍歴は17年前に始まります。 その前に、少しだけ当時の状況をお話ししましょうか...
 
当時のデザイン業界は手作業全盛の時代で、デザイナーの必需品と言えば、ロットリング、ガッシュ(絵の具)、
マーカー、クロマテック(手作りインレタ)、アイロテック(着色コピー)、トレーススコープ(簡易製版カメラ)...
といったものでした。
 
実は、80年代当初には、当時のパソコンにビデオカメラや映像加工ソフトを組み合わせ、
数百万円というシステムで今日のお絵描きゲーム機のようなものがいくつか紹介されていましたが、
いずれも仕事につかえるような代物ではなく、デザイン制作の電子化など、夢のまた夢といった感じでした。
 
80年代後半〜90年頃にかけて、PostScript の使える Macintosh ならデザイン制作に使えるらしい
という情報が業界を駆け巡り、一部新しいもの好きのデザイン会社などは導入をはじめたのですが、
投下する金額に対し見返りがまだまだお粗末で、早いタイミングで導入したところほど落胆も大きく、
「仏壇MAC」なる言葉を生み出し、大事に部屋の隅に鎮座させていただけというような光景が見られたものでした...。
 
そんな時代から少しして、1991年の秋に私は独立開業したのでした。
デザイン事務所に必需品だった、タイポニィ全集や、大型のトレーススコープ、カラーコピー機、
アイロテック機などを全てリース(要するに借金)で揃え、
加えて、とりあえず電子化への可能性を探ってみようと、Macintosh LCという入門機とPostScriptプリンタ、
スキャナなどを導入したのでした。
毎月のリース返済額だけで20万ぐらいになっていたでしょうか。独立間もない頃、仕事のあてもないのに、
今にして思えば、よくそんなリースを組んだものだとゾッとしますね。個人オフィスなのに..。
 
 

■Macintosh LC 構築システム(1991年リース契約 総額200万円相当)
 ・CPU MC68020 16MHz ・メモリ4MB ・HD40MB ・漢字Talk 6.07 
 ・15inch縦型モノクロプロフィールモニタ
 ・グランビマージュ増設ビデオボード
 ・マイクロラインML-801PS(B4 400dpi)
 ・GT-300スキャナ(A4 300dpi)
 ・Aldus FreeHand 2.0J(主要アプリケーション)
 
今見れば、信じられないような価格とスペックですが、出始めの頃のMACに比べれば、これでも相当安くなっており、
FreeHandという素晴らしいアプリケーションと出会えたこともあって、「仏壇MAC」ではなく、
実践MACとして、「こいつらとならやっていける」と確信を持てた幸先の良いモデルとなりました。
当時まだ、実際にMACでデザインをやっているデザイン事務所が少なかったため、
いち早くMACに移行したデザイン事務所として宣言したことは、うちのセールストークになりました。
 
しかし、使い始めて半年も経たないうちに、高機能な最新鋭ソフト FreeHand 3.1Jがリリースされ、
それを導入するには、LCでは力不足である事が判明。(なにせ、入門機ですから)
リース残額の大半が残っているにも関わらず、次の機種を検討しなければならなくなったのでした。
 
上位機種には、CiやFXなどがありましたが、当時最上位機種として発表されたばかりのマシンが
QUADRAと呼ばれる魅惑的なマシンでした。
「他のマシンがプロペラ機なら、QUADRAは、F-15イーグル戦闘機」などと称されたならば、
清水の舞台から飛び降りるつもりで買わなければ...と、まんまと乗せられてしまい、今に続く
MAC遍歴が始まったのでした...
 
 
その2 <QUADRA 700>につづく...
 
 
 


タグ:MAC遍歴

MAC遍歴--2 [MAC遍歴]

デザインオフィス、アスペクトデザインのMAC遍歴 <その2>です。   →その1はこちら
なつかしい商品名などに興味ある方おつきあい下さい。
 
 
1991年購入の入門機、LCは、デザイン作業電子化への可能性を見極めると言う意味では、
十分その役目を果たしてくれたのですが、何せ、漢字Talk-6の入門マシンでしたから、
実務にバリバリ使うには非力(腕時計が出たままになる)で、
多額のリース残高を残したまま1年もたたずに次のマシンへとバトンタッチする事になりました。
 
どうせなら、「他のマシンがプロペラ機なら、QUADRAは、F-15イーグル戦闘機」と称される
最新機種をと、清水の舞台から飛び降りるつもりで(!)手を出したのが.. QUADRA 700。
入荷の初期ロットで、まだ大阪に数台しか入ってきていないというものの内の1台をゲットしました。
本体のみで、当時約200万円なり。またもやリースの上積み。(トホホ..)
 
言っときますが、独立したての頃で、仕事もそんなに安定して有った訳でなく、
バブルと言われた好景気も終焉し不景気へ突入していた時期に、かなりのリスクを背負っての購入でした。
でも、これからこいつで食っていくのだ。勝負に出なければ。という覚悟だったのです..。
 
 

■QUADRA 700 構築システム (1992年リース契約 総額300万円相当)
 ・CPU MC68040 25MHz ・メモリ20MB ・HD400MB ・SYSTEM-7(後に 漢字Talk 7)
 ・Japanese Language Kit
 ・フルカラービデオボード
 ・Apple 13inch RGBモニタ + Apple 15inch縦型モノクロプロフィールモニタの ダブルモニタ仕様
 ・マイクロラインML-801PS2(モリサワ5書体内蔵版 801PSから買替え)
 ・Aldus FreeHand 3.1J(主要アプリケーション 2.0Jからバージョンアップ)
 ・MacroMind Director 3J(主要アプリケーション)
 
商売するには、元手がかかるものですが、当時はホントになんでも高かったんですよ。
オフィス開設当初の数年間は、ひたすらリース返済の為に働いていたようなものでしたっけ。
 
ところで、このQUADRAというマシン、たしかにLCと比べればジェット機のように早い!
..んですが、クラッシュに至るまでもアッという間のジャジャ馬でした。
特に英語版のSYSTEM-7に J-ランゲージキットを組み込み、無理矢理日本語環境にして動作させていた為、きわめて不安定。ほとんど、保存にたどり着く前にクラッシュしてしまい仕事どころではない、とんでもないマシンに手を出してしまった.. と後悔したものでした。
正規の日本語版 漢字Talk-7.1がリリースされ、システム全体が安定するまでの約半年間は、そんな涙、涙の試練が続いたのでした。
 
安定期に入ってからの QUADRAは、さすがに期待に応えてくれるようになり、取引先からも QUADRA を導入しているという事で一目置かれ、十分元は取れたのかもしれません。
1995年、阪神大震災に襲われてシステム全体を入れ替えることになるまでの約3年間、現役マシンとして活躍してくれました。思い出深い1台で、今も大事に仕舞い込んであります。
 
次回は、QUADRAとの組合せでメインに使用していたデザインアプリケーション、Aldus FreeHand 3.1Jを紹介したいと思います。
 
<その3>に続く....
 
 
 


タグ:MAC遍歴

MAC遍歴--3 [MAC遍歴]

デザインオフィス、アスペクトデザインのMAC遍歴 <その3>です。    →その1その2はこちら。
なつかしい商品名などに興味ある方おつきあい下さい。
 
今回は、MAC本体ではなく、当時のMACにインストールして使用していた、アプリケーションソフトを紹介したいと思います。
 

■ALDUS FreeHand 3.1J ポストスクリプトDTPアプリケーション 当時価格12万円
 
ALDUS FreeHandは、ADOBE Illustratorと同時期に開発されたライバル関係のデザインソフトですが、操作性の良さ、先進的な高機能で、常にIllustratorをリードしてきたと言われています。
アスペクトデザインでは、当初から両者を比較し、迷わずFreeHandを選択したのでした。

同じバージョン(例えば写真のVer.3)のFreeHandと イラストレータ(以下AI)の機能差は、以下のようなものでした。
・プレビュー編集(AIは、Ver.5から)
・レイヤー・スタイル搭載(AIは、Ver.5から)
・複合パス対応(AIは、Ver.5から 現在もパスの向きに制約有り)
・分版・特色対応(AIは、別アプリ、セパレータ対応)
・ドキュメント概念(AIは、Ver.5から)
・グラデーション塗り(AIは、Ver.5から それまではブレンドで対応)
・ブレンドの再編集(AIは、Ver.8から)
・100回のUnDo(AIは、Ver.5から それまでは1回限り)
・TIFF対応(AIは、Ver.8から グレーTIFF着色はCS2から)    ※若干の記憶違いはあるかもしれません

どう見ても、バージョン2つ分以上、FreeHandの方が進んでいたんですね。
ただ、あまりの高機能に、QUADRAクラスのMACでなければ動かす事が出来ず、当時の普及版MACには、AIの方が相性が良かったため、結局広く普及したのは開発の遅れたAIで、当時の開発タイミングの違いが現在の明暗にまでつながったと言えるのかもしれません。
(かつて、ビデオ規格で、開発先行した技術指向のSONY ベータ(β)が、放送局でのシェアでは圧倒したものの、家庭用では後発の松下陣営に差をつけられたのとよく似た図式だと思います。Windows と Macもそんな図式の部分がありますね。)
 
 
その後、FreeHandは、Ver.4でマルチページ機能を搭載し、さらにIllustratorとの機能差を広げましたが、ADOBEが繰り出した対抗策は、AIを高機能化するより先に、FreeHandもろとも、ALDUS社を乗っ取るという掟破りでした。 金に物言わせた その後のMacromedia社買収劇と同じパターン....

そのため、ALDUS FreeHand 4J は幻のソフトとなり(英語版のみ存在)、FreeHandの先進機能がそのままAIに搭載され FreeHandは抹殺されるのではないかとユーザーは危惧したものでした。
      (※Macromedia社の買収では、それがついに現実のものとなってしまいましたが...)
実際、ALDUS社買収後に開発された AIの Ver.5は、FreeHand 3 の機能の多くがそのまま搭載されており、新バージョンの出ない FreeHandユーザーは悔しい思いをしたものでした。
 
 
しかし、FreeHandの開発者グループが ADOBE社を訴えた裁判では勝訴。FreeHandの開発権を奪い返し、Macromind社と合併、新社名をMacromedia社とし、満を持して Ver.5をリリースする事となるのです。

Macromedia社すら買収されてしまった今となっては、負け犬の遠吠えのように聞こえてしまうかもしれませんが、Windows VS Macや、VHS VS βのように、市場シェアだけでは語れない、捨てがたい高機能へのこだわりがあるという事も、訴えていきたいと思います。

この記事のカテゴリーは「MAC遍歴」ですが、MACにまつわるソフトも含めての、こだわりを書いていきたいという思いで書いてみました。FreeHandへのこだわりは、さらに深まっていきますので、別カテゴリーへの展開で改めて紹介したいと思います。


別カテゴリー【 FreeHand で行こう!】立ち上げました。 →こちらから。

Mac遍歴<その4>はこちら  
 
 
 


どっこい、FreeHand は生きている! [FreeHandで行こう!]

*2008年2月執筆 随時追記 最新記事は下段のトラックバック参照

前回、FreeHand 3.1J について書いたところ、それなりに反響がありましたので、アスペクトデザイン最大のこだわりでもある このデザインアプリケーションについて、じっくりとお話しをしたいと思います。
Adobe Illustrator ユーザーにこそ、ぜひ関心を持って頂きたい。
 

 
■FreeHandの最終バージョンとなった FreeHand MX(2003年3月発売) と、歴代アイコン。
 

***  
   

前回の 3.1J の時にも書きましたが、FreeHand は、ライバルソフトと言われた Adobe Illustrator に対し、常に機能面でリードしてきたと言われています。

新機能の特許侵害問題では、再三裁判で争っていたようで、Adobe社は 2度にわたって会社ごと FreeHand を買収する事で強引に解決させてしまいました。(敗訴の腹いせ?:実際には、特許技術の使用停止を要求された Adobe が和解を申し入れ、あろう事か会社まで乗っ取ってしまったのです)
Adobe社にとって FreeHand の存在は、葬り去ってしまいたい目の上のたんこぶだったのでしょう。
 追記:旧い記事のため、リンク先が削除されてしまいました。特許侵害問題のリンク先保管画像はこちら



さて、【どっこい、FreeHand は生きている!】、では、そんなに簡単に葬り去られてたまるかい! というユーザーからの思い入れで、ささやかながらの抵抗を試みたいと思います。

まず、機能面では、5年前に発売された FreeHand MXと、最新バージョンの Illustrator CS3 を比較しても、なお見劣りしないどころか、まだまだ FreeHand に分があると言わざるを得ない部分が多々あります。
FreeHand 買収後に開発された Illustrator CS3には、多くの FreeHand からの機能が 新機能として移植され「統合」したとのことですが、主に枝葉の部分をかいつまんで持って行っただけという印象です。その筋の話では、統合作業は相当困難なものらしく、基幹部分に関しては次期バージョン以降徐々にという事のようです。
(私は Illustrator CS3の正規ユーザーでもありますが、統合したという割には中途半端で、CS3には失望しています)
 
 
それでは、実際の機能差を紹介してみましょう。
 
■基本機能に関して(操作性の違いは以前からの仕様差の部分です)
・複雑に重なり合ったオブジェクトを、ロックなどをかけずに、下に隠れたものも直接自在に選択できる。
ツールを持替える事なく、グループ内のオブジェクトを選択できる。グループ内の隠れた部分を選択できる。
・ツールを持替える事なく、選択オブジェクトを含むグループ、複数のネストされたグループを選択できる。
ロック・解除がオブジェクト単位でできる。一回の解除で全てのロックが解除されるという心配がない。
マスク属性を維持。マスクの複雑なネストが可能。マスクの中身は外部から不用意に選択されない。
・パスの方向に制約されない複合パスが制作可能。
円や四角の形状属性は分解するまで保持。各コーナー別の角R指定や扇形変形も標準仕様
埋め込み画像の属性をそのまま内部に保持。出し入れ自在埋め込まれていても、外部アプリで編集可能。
TEXTインライングラフィック対応
・もちろん、マルチページ対応。ページ間リンク、マスターページ機能、シンボル編集機能など...

等々、FreeHandにとっては基本機能でも、Illustratorには出来ない、または手間取るという部分がこのようにあります。

■さらに、外部ファイルとの連携などでは、、、
・TIFFクリップパス・アルファレイヤー対応。
・FireWorks PNG レイヤー・編集対応。
FLASH SWF 読み書き対応。Flash Action Script(AS2)対応。

TIFF、PNG、SWFは、もともとFreeHand開発者グループが開発したフォーマットですから、基幹部分なのでしょう。
Flash や FireWorks との連携が WEB 開発には欠かせない今、対応の必要性は誰もが感じているところです。
Adobe社は、そのためにMacromedia社を買収した訳ですから、次期バージョン以降 徐々に対応していくものと思われます。


少なくとも、FreeHandは5年前のバージョンでそれらに柔軟に対応していました。CS3と比較しても、なお FreeHand に分があると主張するのは特にこの辺りです。

特に SWFは、Action Script(AS2)ごとFreeHandで読み書き可能なため、FLASHとの連携では、絶大な効果を発揮します。
SWFファイルを普通の画像のようにレイアウトできる。スクリプトもそのまま有効。FreeHand側で変形したり、スクリプトを書き加える事も可能。内蔵FLASHエンジンで即プレビュー可能等...



Illustrator CS3 は、Macromedia 買収後に、ようやくFLASHに対してラスターせずにコピーペースト出来るようになったとか、CS3のファイルを FLASHに読み込ませることが出来るようになった程度ですから、FreeHandの柔軟性に追いつくには、一朝一夕とは行かず、まだまだバージョンを重ねる必要があると思われます。

ちなみに、Action Script ごと読み書きが出来るという事で、どういう事が可能になるかについては、弊社ホームページ(旧)をご覧いただければと思います。(もちろん、現ホームページも同様の作り方です)


弊社ホームページは、FreeHand MX のマルチページ機能をベースとして作成、外部SWFファイルの読み込み、スクリプト追加、ページ間リンク、SWFの書き出し、HTML書き出しなど全て FreeHand で行いました。
   ※SWFのバージョンは、6対応になります。5年前の製品ですから致し方ありません。
     それでも、バージョン8のFLVも再生できているなど、いろいろ裏技で対応もできるのです。
 
 
 
FreeHandは、単体パッケージの他、Macromedia STUDIO MX(後期バージョン)と、MX 2004に同梱されているため、お持ちの方も多いと思います。(持ってるけど使った事が無いと言う方が大半?)
機会があれば、ぜひ使って頂ければと思います。
但し、Illustratorと同じ感覚で使うと違和感ばかりが先に立ち、使えないでしょう。全く別のアプリケーションという認識の上で試してみて下さい。基本操作等は、すでにマニュアル本等も無いため、分かりにくいと思いますが、私の周りでも教えてほしいという方が多いため、順次使い方を公開していこうと考えています。


 追記:ざくっと使い方を解説した、使い方編アップしました。
 追記:基本的な使い方を具体的に解説した、入門編アップしました。


闇に葬り去るなんてとんでもない、素晴らしいアプリケーションです。ぜひ興味をもって頂ければと思います。
まだまだ,当分の間は,第一線での使用が可能です。
本物の「使える」アプリケーションであると保証します。
 
 
 
 
 追記:INDEX(目次)を作成しました。 →INDEXはこちら  
 追記:総集編を作成しました。 →総集編はこちら

 FreeHand のことはよく知らないが、とりあえず興味を感じたという方は是非、総集編をご覧下さい。
 Illustrator しか知らないあなたは、驚きのアプリケーションパワーを目の当たりにすることでしょう。
 

 


追記2008年11月
ついにと言うか、ようやく、Illustrator CS4 に FreeHand と同じ仕様のマルチページが採用されました。FreeHand を買収しての、まんま移植ですが、呼び名は「複数のアートボード」。出来るだけ Freehand のマルチページをそのまま持ってきたと言うようには悟られたくないんでしょうが、同じものです。その証拠に、FreeHand のマルチページが、位置関係もそのままに開きましたから。 但し、マスターページやリンク機能など、当記事で紹介している拡張機能には未対応です。まぁ、ようやく同じ土俵にたどり着いたと言うところですね。詳しくはこちらで。  
 
 
 
追記2010年04月 Illustrator CS5 発表。  →FreeHand VS CS5 はこちら。
目玉機能は、FreeHand からそのまま移植された 3Dグリッド
細かなブラッシュアップは好感の持てるものだが、それにしても、FreeHand 開発停止から7年も経って、なにをしてるんでしょう。この7年は、立ち止まらせた FreeHand に、ただひたすら追いすがる月日だったということ?? しかも、まだまだ追いついた訳では全然ない。
目標とする FreeHand の開発を止めて、Illustrator 自身は、ただFreeHand からの機能移植だけの日々であれば、グラフィックソフトの進化は止まったままも同然。やはり、ライバル同士、切磋琢磨させないと!
いい加減、FreeHand の拉致状態を解除したらどうですか? ADOBE民主主義人民共和国さん。

FreeHand の版権を欲しがっているところはいくらでもあるし、高く売れるのに、やっぱ、手放せないのは、Illustrator が負けるからなんでしょうね。あるまじきライバル関係。相手を抹殺して優位に立つなんて...
こんなことを書かれるのが心外ならば、FreeHand をユーザーグループに返還して、正々堂々と、良いライバル関係を再燃させましょうよ。

   現在 FreeHand ユーザーグループは、ADOBE に対して、ソースコードの返還を要求しています。
   要求が通れば、Linux や Java のように、誰でも自由に使えるオープンソースとして公開の意向です。
   → 詳しくはこちら。
 
   → 訴訟の顛末はこちら。 ADOBE は、なにがなんでも FreeHand を手放そうとはしてくれません。  



追記:20130304  インストールに困った場合はこちら!!! まだまだ使えますからご安心を!  
FreeHand で行こう! のカテゴリートップとして、当ページには、随分「追記」が増えてしまいました。
特にインストールに関するトラブル関係の追記に関しては、2012年末に ADOBE がアクチベーションサーバを停止した事によるアクチベーションフリーシリアルナンバーの公開により、インストール関連のトラブルの心配が無くなりました。詳しくはこちらをご覧下さい。
よって、追記事項を若干なりとも整理する為に、当追記を以てインストール関連トラブルの追記事項を削除整理致しました。  
 
 
追記:20130624
FreeHand VS Illustrator でブログをまとめてみました。初期バージョンから最新の Creative Cloud まで ガチンコの機能比較が出来ます。当シリーズ全編ともリンクさせて解説していますので、是非ご覧下さい。

 


***

シリーズを続けています。初めてお越しの方は、総集編か、カテゴリーTOP(旧い順)からご覧下さい。
   →総集編 では、FreeHand の真の実力をご覧頂けます。
   →続・総集編 は、総集編の続編です。総集編と合わせてご覧下さい。
   →FreeHand_使い方 DTP編、FLASH編など含め、全10編。
   →FreeHand_INDEX はこちら
   →付録編 では、ざっくばらんな情報をご覧いただけます。諸々入れて全10編。
   →Tips編 1分で出来る小ネタ集など。全5編。
   →FreeHand VS CS4 では、最新版の Illustrator CS4 と比較しています。どうよ。
   →FreeHand VS CS5 では、最新版の Illustrator CS5 と比較しています。どうよ。どうよ。
   →FreeHand_入門編 Illustrator の作業が、FreeHand ではこんな感じ。全10編。
   →FreeHand_番外編 実践的に使える裏技テクニックほか、様々な情報を提供。諸々10数編。
   →すごいぞ FreeHand 編 今なお圧倒的な生産性の高さを誇る FreeHand の底力をご覧頂けます。
   →FreeHand VS Illustrator 初期バージョンから最新バージョンまで、ガチンコ比較してみました。

   → FreeHand インストール アクチベーションサーバ廃止に伴い、シリアルナンバーが公開されました。

***


   → FreeHand カテゴリー 一覧はこちら