So-net無料ブログ作成
検索選択

FreeHand _入門編-3 <グループと形状属性> [FreeHandで行こう!]

FreeHandで行こう!】その36 <FreeHand_入門編-3> です。

現在 FreeHand 入門編 を連載しています。入門編では Illustrator で日常やってることを、FreeHand ではこのようにしますよという解説で進めています。
入門編として基礎の基礎から説明していますので、これから FreeHand にチャレンジしてみようと言う方のお役に立てれば幸いです。

初めてお越しの方は、総集編か カテゴリーTOPからご覧いただければ、FreeHand のあまり知られていない全貌をご覧いただけます。Illustrator しか使ったことの無い方には、驚きの内容が満載です。

       → FreeHand _総集編はこちら    → FreeHand _カテゴリーTOPはこちら


※画像が表示されない等、表示がおかしい場合はこちらから再読み込みして下さい。


***


Illustrator とは違う、円・四角の存在意義。形状属性。

前回、Illustrator と FreeHand の選択時の表示の違いを説明しました。
FreeHand では、グループ化されていると個々のオブジェクトはアクティブ表示されずに、グループ全体の四隅のみがアクティブ状態として表示されます。また、グループ化されている限り、各オブジェクト・各ポイントは不用意に選択されないように設計されています。グループ化には「殻」としての意味合いがあると言っても良いでしょう。

Illustrator では、グループ化していても していなくても 表示は同じで、選択されたものは個々のパスも、ポイントも、全て選択表示されます。そこには FreeHand で言う「殻」という概念も、自身がグループであるかどうかという意思表示もありません。

sentaku.jpg
それにしても、Illustrator の選択表示は仰々しいですねぇ...。


今回紹介する、FreeHand の円・四角、さらには多角形にも、グループ化の「殻」に似た性格が与えられています。それが、形状属性です。
Illustrator の円・四角は、4つのポイントの集合体でしかありませんが、FreeHand では、自身が円・四角であるという性質が明確に与えられているのです。選択表示や操作は、グループと同様の扱いになります。

Hyouzi-1.jpg
上の画像では、円を描いた直後の選択状態です。(話がややこしくなりますので、Illustrator では バウンディングボックス表示をキャンセルしました)Illustrator が パス上の4ポイントを表示しているのに対し、FreeHand はオブジェクトの4隅を表示しています。

Illustrator では、むき出しのポイント4つがパスで結ばれ、円の形状を示していますが、ポイントやパスを ダイレクト選択ツールで触ると、すぐに変形してしまい、円の形態をなさなくなってしまいます。
FreeHand では、グループ化されたのと同じ状態(表示も)ですから、パス上の4つのポイントは表示されていません。「殻」に守られた状態になっています。この状態で変形操作を行うと、円の形態を崩すのではなく、円としての属性を維持したままの変形が行えます。Illustrator の様なポイント操作をするには形状属性を分解します。

以前、FreeHand のこのような仕様を見て、「FreeHand では、ポイント操作一つするにも、いちいち分解しないと出来ないのは、面倒なだけで意味不明」と、大手出版社の記事で批評されていたことがあります。形状属性の存在を理解していないことによる評価で、私はすぐに抗議のメールを送りましたが、大手出版社の執筆陣でも FreeHand に対する理解があまりにも低いことに愕然としたものです。
アプリケーションによってそれぞれ仕様が異なり、どのような仕様が良いかということは ユーザーが決めれば良いことですが、仕様の意図するところも理解せずに出来がどうのと批判するのは見識の低さを露呈するだけです。

FreeHand のこの仕様は、不用意な選択を防止できる、不用意な変形操作を防止できるということに加え、円・四角であるという形状属性を活かした FreeHand ならではの操作性を実現させるためのものです。この仕様によるメリット・恩恵は、Illustrator には無いものなので、理解も想像もしにくいかもしれませんが、実際に触ってみれば すぐにその有用性に気が付くでしょう。

Hyouzi-4.jpg
上の画像 左では、ポインタによる選択状態で Option キー(MAC)を押したところです。(いちいち ダイレクト選択ツールに持ち替えずに、ポインタ+ショートカット併用をお奨めします。)
Option キー(MAC)を押すと、パス上に新たな変形ポイントが現れます。(左端中央の四角いポイント:このショートカット操作によって、選択したオブジェクトが 単なるグループなのか、形状属性を持ったオブジェクトなのかという判断も出来る訳です。これも結構役に立つ、表示による FreeHand からのフィードバック情報です。)

現れた変形ポイントをドラッグすると、円は扇形に変形できます(画像右側)。四角は角Rの四角に変形できます。多角形は思わぬ多彩な形状に変形できるでしょう。
さらに、オブジェクトパレットを操作すれば、扇形から円弧への変更、角R四角は、四隅別々に操作できるようになります。多角形では角数を変えたり、頂点や谷部分をR形状に変更することが出来ます。

Object_palette-3.jpg
上記、左から、扇形を円弧に変更するチェック。四角形の四隅別々に角Rを設定する為のチェック。多角形の角数変更、頂点R形状の入力欄。


この辺りはムービーをご覧頂くのが一番解りやすいと思います。過去何度か紹介してきましたが、改めてご確認ください。








1点重要なことを書き忘れていました。通常、円や四角を描く際、Shift キーを押しながら描けば正円・正方形になりますが(勿論 FreeHand もそうです)、FreeHand では、形状属性が生きている間は、楕円や長方形を描いた後からでも、Shift キーを押しながら変形操作を行うと、いつでも正円・正方形にすることが出来ます。

形状属性の解除は、グループ解除と同じで、解除すれば Illustrator と同じ4つのポイントの集合体という扱いになります。一度解除した形状属性は再度グループ化しても元に戻すことは出来ません。

同類のソフトと思われがちですが、前回紹介した選択方法や、ただ 円や四角を描く機能だけとっても、Illustrator と FreeHand ではこんなに違うのです。是非、FreeHand 流の操作を体得して、自在な手と言わしめた抜群の操作感を実感して下さい。



本日のポイント
・FreeHand のグループ化には、「殻で護る」というような意味合いがあります。
・円・四角・多角形は、グループと同様、個々のポイントは分解するまで護られています。
・円・四角・多角形には、特別な形状属性が与えられています。
・ポインタ時に optionキー(MAC)を押すと、形状属性の変形ポイントが表示されます。
・形状属性が生きている間は、それぞれの形状を維持した変形が可能です。
・オブジェクトパレットで、形状属性のパラメータを変更できます。
・形状を維持しないポイント操作をするには、形状属性をキャンセル(グループ解除)します。



次回は、ツールパレットにある、他のツール類をまとめて説明致します。
FreeHand に挑戦している方、しようとお考えの方、お付き合いください。

 →入門編-その4 アップしました。



※キーボードの、コマンド、option、comtrol 表記は、MACのものです。WINの場合は表記が異なりますので推察して下さい。マウスクリックも、2ボタンの場合 操作が変わるようです。



***


シリーズを続けています。初めてお越しの方は、総集編か、カテゴリーTOPからご覧下さい。
   →総集編 では、FreeHand の真の実力をご覧頂けます。
   →続・総集編 は、総集編の続編です。総集編と合わせてご覧下さい。
   →FreeHand _カテゴリーTOP はこちら
   →FreeHand_使い方 TOP はこちら
   →FreeHand_INDEX はこちら
   →付録編 では、ざっくばらんな情報をご覧いただけます。
   →Tips編 小ネタ集です。
   →FreeHand VS CS4 では、最新版の Illustrator CS4 と比較しています。どうよ。
   →FreeHand_入門編 連載中!  Illustrator の作業が、FreeHand ではこんな感じ。
   →FreeHand_番外編 実践的に使える裏技テクニックほか、様々な情報を提供しています。
   →FreeHand VS CS5 では、最新版の Illustrator CS5 と比較しています。どうよ。どうよ。


***



   →FreeHand カテゴリー 一覧はこちら









FreeHand _入門編-4 <ツールと環境設定> [FreeHandで行こう!]

FreeHandで行こう!】その37 <FreeHand_入門編-4> です。

現在 FreeHand 入門編 を連載しています。入門編では Illustrator で日常やってることを、FreeHand ではこのようにしますよという解説で進めています。
入門編として基礎の基礎から説明していますので、これから FreeHand にチャレンジしてみようと言う方のお役に立てれば幸いです。

初めてお越しの方は、総集編か カテゴリーTOPからご覧いただければ、FreeHand のあまり知られていない全貌をご覧いただけます。Illustrator しか使ったことの無い方には、驚きの内容が満載です。

       → FreeHand _総集編はこちら    → FreeHand _カテゴリーTOPはこちら


※画像が表示されない等、表示がおかしい場合はこちらから再読み込みして下さい。


***


今回は、ツールパレットと、環境設定の押さえどころを説明します。
まずは、デフォルトのツールパレットを確認しておきましょう。カスタマイズも出来ますので、使いやすいように工夫して下さい。


■ツールパレット
Tool_Palette.jpg

ここで、あえて私が強調したいのは、右上にあるダイレクト選択ツールは不要であるということです。
このツールが搭載されたのは、他のアプリケーション群とインターフェースを統一するという大義名分があったためで、歴史ある 完成された操作体系の FreeHand には全く必要の無いツールでした。
必要ないどころか、このツールを使おうとすると、FreeHand の完成された操作体系に不整合が生じてしまい、かえって作業効率が落ち、誤操作も増えるという悪影響をもたらします。

ご存知のように、ダイレクト選択ツールは、Illustrator を象徴するようなツールです。もともと Illustrator では、バウンディングボックスが搭載されるまでは、ポインタは選択と移動だけのツールであって、変形操作は それぞれの変形ツールに持ち替えてというものでした。その代表格の持ち替えツールがダイレクト選択ツールで、直接ポイントやパスを操作するためのツールですね。

FreeHand では、ほとんどの操作は、ポインタと左手ショートカットで行います。ダイレクト選択の機能もショートカットに含まれます。だから、ダイレクト選択ツールに持ち替えてしまうと、後の操作が限定されてしまう分、効率が落ちてしまい、誤操作まで誘発しかねないという訳です。
せっかく、FreeHand をモノにしようとお考えなら、Illustrator 風のインターフェースを混ぜて混乱するより、慣れるまでは大変かもしれませんが、ダイレクト選択ツールへの持ち替えを必要としない、本来の FreeHand インターフェースに挑戦してみて下さい。使い込む程に、その完成された操作体系に感心することになるでしょう。


ポインタツール+ショートカットを整理してみました。(MACの場合)
・option.......グループ中のオブジェクトをダイレクト選択
・option.......形状属性の変形ポイントを表示・変形ポイント操作(入門編-3 参照
・option.......選択パスに対して、両端のポイントハンドルを同時に変形操作
・option.......オブジェクトに対するカラーのドラッグドロップで、放射状グラデーション塗り
・option.......テキストに対してダブルクリックで、内蔵テキストエディタを起動
・option.......テキストボックスのポイント(四隅)ドラッグ操作で拡大縮小
・option.......グループおよび 円、四角のポイント(四隅)ドラッグ操作で中心から変形
・option.......画像に対するドラッグ操作で、ピクセルに対して最適倍率を維持した変形
・option.......画像に対するダブルクリックで、指定した外部エディタを起動
・option.......選択ポイントに対するドラッグ操作で変形ハンドル出し(切り替えツール)
・option.......オブジェクトドラッグでコピー(注意点を後述します)
・option.......オブジェクトパレットの線種セレクタダブルクリックで破線エディタを起動
・option.......オブジェクトパレットの矢印セレクタダブルクリックで矢印エディタを起動
・control......重なったオブジェクトの下を選択(option併用で、グループ内オブジェクトの重なりに対応)
・control......オブジェクトに対するカラーのドラッグドロップで、線状グラデーション塗り
・shift...........複数選択 選択中のオブジェクトに対しては選択解除
・shift...........グループ・画像・テキスト変形時、縦横比を維持
・shift...........形状属性オブジェクト変形時、正円、正方形に限定(比例維持させるにはグループを併用)
・shift...........オブジェクトに対するカラーのドラッグドロップで、ベタ塗り
・ダブルクリック.....オブジェクトに対するダブルクリックでバウンディングボックスを表示
・ダブルクリック.....テキストの場合は、テキスト枠をダブルクリック
・ダブルクリック.....ガイドに対するダブルクリックでガイドを編集
・ダブルクリック.....テキストに対するダブルクリックでテキスト編集
・ダブルクリック.....グループ化されている場合は、optionで選択してからダブルクリック
・ダブルクリック.....テキストボックス右下四角ダブルクリックでテキストボックスのサイズをフィット

ちょっと思いついただけでこれだけあります。他にも書き漏れがあるかもしれません。
特に、option キーの多芸さには驚かれるのではないでしょうか。(Illustrator では、ほとんどドラッグコピーだけですからね)1つのポインタツールの中にも オプションがこれだけ用意されているということなんですね。

実際の操作では、スーパーセレクトやサブセレクトもショートカットで操作します。(デフォルトショートカットが無い(以前はあったのに)ので設定して下さい)
また、変形ツール等からポインタへの復帰も、常にショートカットで行えば操作性は飛躍的にアップします。

日本語入力時は、ツールパレットデフォルトのショートカットは使えませんので、(英語入力時の ポインタ復帰は v )左手ショートカットの使いやすいキーを自分で設定しておけば良いでしょう。ちなみに、私は command + Q をポインタ復帰に当てています。command + Q は、左手ショートカットで最も使いやすい場所にあるのに、アプリケーション終了にしか使わないなんて野暮ですからね。

ショートカットのカスタマイズは、メニュー>編集>ショートカットカスタマイズ...で行います。
同様の機能は Illustrator にもありますが、FreeHand の方が設定の自由度がはるかに高く、同時に4つのキー(command、option、control、shift)を組み合わせることも可能なため、左手で操作しやすいキーに何重にもショートカットを割り振ることが可能です。

注)FreeHand は、6年前のバージョンのままですから、その後発表されたOS等で、ショートカットがコンフリクトを起こしているものがあります。確認しているところでは、MAC_OS Leopard のドック関連とFreeHand の複製コマンドが同じで、OS側が優先され、FreeHand のショートカットが機能しないというのがありました。他にもいろいろあるかもしれません。コンフリクト回避のためにもカスタマイズは有効です。


ここで、もう一つ、MX バージョンの変更しておくべきデフォルト設定を指摘しておきます。

option...オブジェクトのドラッグコピーは Illustrator でおなじみの操作で、macromedia でも インターフェース統一化の流れの中で FreeHand に持ち込まれたものですが、もともと FreeHand では、上記のように option キーとの併用機能が多く、ドラッグコピー機能がついたことによって誤操作が増えることになってしまいました。
ドラッグコピーが設定されていると、上記操作がキャンセルされたり、重複してしまうのです。弊害以外の何者でもありません。
幸い、このドラッグコピーは、環境設定でキャンセルすることが出来ます。デフォルトでは ON になっていますので、必ず OFF にして操作に慣れるようにして下さい。デフォルトのままでは、本来の FreeHand の優れた操作性が体験できなくなります。ユーザーインターフェース統一による大弊害です。
ちなみに、FreeHand には、クローン機能という便利なコピー機能が用意されています。ドラッグコピーをOFF にして、クローン機能を使いましょう。

環境設定の話が出ましたので、環境設定の押さえどころについて以下に記します。


■環境設定

以下の画像はデフォルトの紹介ではありません。私の環境設定です。ご参考に。
Kankyou-1.jpg
「パスのハイライト表示」は、Illustrator 風ですが、見にくくなるだけですので OFF にします。スッキリ。


Kankyou-2.jpg
5段目「option + ドラッグでパスをコピー」は、前述のような理由で OFF にします。
外部エディタは、画像形式ごとに指定しておけば、option + ダブルクリックで指定した外部アプリケーションで編集できるようになります。埋め込み画像にも対応。Illustrator には出来ない芸当ですね。


Kankyou-3.jpg
「テキストツールをポインタツールに戻す」はデフォルトです。立て続けにテキストを編集するような場合だけ OFF にすれば便利でしょう。通常は自動的にポインタに戻ってくれるので便利です。


Kankyou-4.jpg
「新規ドキュメントのテンプレート」は、自分の使いやすい状態に作り込んだページ(色見本やマスターページ等)をひな形に保存し、指定しておきます。 保存場所は、ユーザ>ライブラリ>Application Support>Macromedia>FreeHand MX>11>Japanese>Settings(MACの場合)です。


Kankyou-5.jpg
カラーマネジメントは、DTP編を参照ください。
RGBのみで編集する場合は、カラーマネジメントを OFF にすれば、彩度の鮮やかなドキュメントを作成できます。


Kankyou-7.jpg
サウンド機能は、Windows 版には無いようです。MAC 版では、吸着音を ON にしておけば、スナップ音も軽快に操作できます。


環境設定を割り込ませたため、後先になってしまいましたが、以下にツールパレットの説明を再開します。
Illustrator と違う部分のみ、簡単にクローズアップしてみましょう。



■テキストツール

詳しくは、使い方-6付録編-3 を参照いただくとして、ここでは、極々基本的な操作を説明します。
Illustrator のテキスト入力は、ポイント入力と、ドラッグ入力で扱いが変わるようですが、FreeHand では、どちらの入力方法をとってもテキストボックス仕様で統一されています。

Text_Box.jpg
上の画像、上段がポイント入力、下段がドラッグ入力です。Illustrator のバウンディングボックスはキャンセルしてあります。(バウンディングボックスを表示するとテキストの仕様を説明しにくくなりますから。拡大操作等にも一貫性がありませんしね)
Illustrator の場合、段落設定等も入力方法により変わりますが、FreeHand はどちらの入力方法でも変わることはありません。

FreeHand のポイント入力では、テキストボックスは自動拡張です。
自動拡張のテキストボックスと固定のテキストボックスはいつでも切り替えできます。
切り替えは、横方向の制御は右側真ん中のポイントをダブルクリック、縦方向の制御は下側真ん中のポイントをダブルクリックします。白抜きポイントが自動拡張、塗りつぶしポイントが固定です。それぞれ独立して、また交互に切り替えできます。

テキストボックスのサイズ変更は四隅をドラッグする訳ですが、自動拡張テキストボックスでは常に文字量にフィットする仕様のため、この操作は無効です。

テキストの縮小拡大は、四隅をドラッグする際、option キーを併用します。

字間・行間の調整は、先ほど説明した自動拡張切り替えポイントをドラッグします。

右下、ボックスの外にある四角は、複数のテキストボックスをリンクさせるためのものです。ここからドラッグするとリンクラインが伸びますので、リンクさせたい対象にドロップします。対象は、テキストボックスの他、パスでも、円や四角でもかまいません。リンクを切るにはドラッグアウトします。パラメーターはオブジェクトパレットで変更します。文字があふれている場合は四角の中に丸が表示されます。
option + ダブルクリックか、メニュー>テキスト>エディタ で、内蔵テキストエディタを起動できます。
インライングラフィックにも対応しています。

Text.gif


■変形ツール

デフォルトのツールパレットには、変形ツールは伸縮(拡大縮小)ツールしか見当たりませんが、当然、回転ツールやシアー(傾斜)ツール、リフレクト(反射)ツール等が用意されています。伸縮ツールを長押しすれば別のツールを選択できるようになりますが、よく使うツールですので、常駐させておいた方が良いでしょう。また、ダブルクリックで、変形パレット(パラメータ入力パレット)を表示させることもできます。

ツールバーのカスタマイズ機能を使用して使いやすいようにカスタマイズしましょう。

Tool.jpg
ツールバーのカスタマイズは、メニュー>ウインドウ>ツールバー>カスタマイズ.. で上記パレットが出ますので、アイコンをツールバーにドラッグすれば追加できます。ツールの削除は、上記パレットが出ていない状態(通常時)で command キーを押しながらツールアイコンをドラッグアウトします。

私は、全ての変形ツールと、整列ツール(2段目の3、4番目)のほか、ページ複製ツールや、ページ削除ツールをツールバーに追加して使用しています。ツールバーでは、他にインフォメーションバーを常駐させておくとオブジェクトの状態が解りやすく、大変便利に使えます。


■スポイトツール

Illustrator のスポイトツールは、クリックした色を選択オブジェクトに直接反映させるか、バケツツールで後から反映させるという使い方ですが、FreeHand のスポイトツールは、現物のスポイトをシミュレートしていて、クリックで吸い上げ、そのままドラッグドロップで対象に反映させるという使い方になります。その際、option キーと組み合わせると放射状グラデーション塗りで落とせる等のショートカットはポインタでのドラッグドロップと共通です。
Illustrator のスポイトとバケツで行うテキスト等の属性のコピー・ペーストは、FreeHand ではショートカットだけで行えます。(メニュー>編集>スペシャル>属性のコピー・属性のペーストを使用)


■自由変形ツール

このツールも、過去に何度か紹介していますが、ムービーでご覧頂くのが解りやすいでしょう。
ツールアイコンをダブルクリックすれば、各種パレメーターを設定できます。
(ムービーが表示されない場合は 再読み込み して下さい)



他のツール類も、微妙に Illustrator とは操作方法が違うと思いますが、触ればすぐに解ると思います。習うより慣れろの精神で使い倒して下さい。



本日のポイント
FreeHand の基本操作は初期バージョンから一貫して変更の無い完成度の高いものです。ポインタツール+ショートカットをマスターし、AI風のダイレクト選択ツールはツールパレットから削除しましょう。
・環境設定では、「option + ドラッグでパスをコピー」のチェックを外し、クローン機能を使用します。
・たぶん、どのツールを操作しても、あのソフトよりも出来が良いのを実感してもらえると思われます。(^^)



今回は、ツールパレットを中心に、操作性を高めるための環境設定やカスタマイズを中心に説明しました。是非 FreeHand を使いこなして下さい。
入門編、まだまだ続けます。FreeHand に本気の方、お付き合いください。

 →入門編-その5 アップしました。


***

嬉しいことに、最新のOS Windows 7 でも、FreeHand MX は問題なく動くようです。MAC の最新OS Leopard(Intel MAC)でも問題ありません。(2009.07現在)
但し、アクチベーションは、必ず電話を使って行うようにして下さい。ADOBE から NET 経由で何をされるか解ったもんではありませんから。インストールに関する注意 参照
追記:201303
ADOBEのアクチベーションサーバトラブルにより、対処方法が公開されています。詳しくは →こちら



※キーボードの、コマンド、option、comtrol 表記は、MACのものです。WINの場合は表記が異なりますので推察して下さい。マウスクリックも、2ボタンの場合 操作が変わるようです。



***


シリーズを続けています。初めてお越しの方は、総集編か、カテゴリーTOPからご覧下さい。
   →総集編 では、FreeHand の真の実力をご覧頂けます。
   →続・総集編 は、総集編の続編です。総集編と合わせてご覧下さい。
   →FreeHand _カテゴリーTOP はこちら
   →FreeHand_使い方 TOP はこちら
   →FreeHand_INDEX はこちら
   →付録編 では、ざっくばらんな情報をご覧いただけます。
   →Tips編 小ネタ集です。
   →FreeHand VS CS4 では、最新版の Illustrator CS4 と比較しています。どうよ。
   →FreeHand_入門編 連載中!  Illustrator の作業が、FreeHand ではこんな感じ。
   →FreeHand_番外編 実践的に使える裏技テクニックほか、様々な情報を提供しています。
   →FreeHand VS CS5 では、最新版の Illustrator CS5 と比較しています。どうよ。どうよ。


***



   →FreeHand カテゴリー 一覧はこちら