So-net無料ブログ作成
検索選択

あっぱれ! FreeHand -4 <Illustration & SWF Publish> [FreeHandで行こう!]

FreeHandで行こう!(番外編)その49 <あっぱれ! FreeHand その4> です。

このシリーズでは、FreeHand の優位性を紹介しています。
FreeHand の情報を求めている方や、Illustrator ユーザーの方にも、お役に立てれば幸いです。

現在、 番外編としてざっくばらんに話を進めています。
初めてお越しの方は、総集編か カテゴリーTOPからご覧になられるのをお薦めします。

       → FreeHand _総集編はこちら    → FreeHand _カテゴリーTOPはこちら

画像が表示されない等、表示がおかしい場合はこちらから再読み込みして下さい。
また、FLASH、及び iframe に対応していないブラウザではご覧になれませんので、表示出来ない場合はご容赦ください。



***


前回の <FLASH!> に続き、今回も iPad 操作をシミュレートしてみました。
また、イラストレーションは FreeHand MX の作例ですので、拡大してご覧いただければと思います。

追記:2011.10
FLASHが上手く表示されない場合は、こちらの情報をご確認ください。


前回の <あっぱれ! FreeHand -3> も、iPod Touch 仕様として サンプルデータ付きで紹介しましたが、今回は、ズームの仕様を少し変えて作成してみました。
1ページ目は前回と同様のズーム、2ページ目が今回の新しいズーム仕様です。
2ページ目では、どの位置にあるサムネイルでも画面いっぱいのジャストサイズに位置調整しながら拡大します。
また、2ページのズームは、キーボードのプラスマイナスキーで、さらに倍率を調整することが出来ます。
(2ページ目へは、ドラッグを速く動かすか、矢印キーを使うか、画面下部中央部に数値を入力してください)



当コンテンツは、PC対応版 .swf です。勿論、タッチパネルでも、マウスでも操作可能です。
学校に普及し始めた電子黒板にも対応しています。(実証済み)
タブレットPCのタッチ操作にも対応していますが、ブラウザによっては、ドラッグ操作をブラウザのスクロールに限定し、画面が上下してしまうことがありますので、そのような場合はフルスクリーンでお試しください。
また、iPod Touch、iPhone、iPad では、FLASH非対応のため、残念ながらご覧いただくことが出来ません。


追記:タブレットPCでの操作の様子を映像にしてみました。




FreeHand のあっぱれなところとして、このような iPad 風 インターフェースもパブリッシュ出来るということを前回紹介しましたが、今回はイラスト作例のような、本来のイラスト作成能力の高さにも注目して下さい。


作例のイラストは、ゴルフ場の俯瞰イラスト(18ホール)です。
拡大してご覧いただければ解りますが、植栽の数は、実に1万本!
平面的なイラストにならないよう、随所にドロップシャドウなどを掛けた処理的に負担の多い描き方ですが...
FreeHand の作画能力は、制作中に一度もクラッシュすること無く、高速に描画してくれました。(勿論、植栽の描画はシンボルスプレー機能です)
※このイラストは、ゴルフ場のカート車載GPS端末への表示用画像ですので、細かなディテールは描いていませんが、カート道は実際のGPS軌跡を元にトレースした 地図として正確なものです。


あまり知られていませんが、FreeHand の実績としては、「地図の制作」も見逃せません。
このような「イラスト」的なものでなく、本物の地図、例えばミリオンマップで有名な市街地図(詳細版)なども、Mac OS9 の時代までは FreeHand で描かれていたそうです。そう、FreeHand は、本格的な詳細地図の制作も守備範囲なのです。


10年ほど前に購入したPSプリンタ OKI Microline 9055C に出力サンプルとして付いていたものをスキャンしてFreeHand に読み込ませ、パブリッシュしてみました。(A3ノビのスキャン画像 約60MB、.swf は約3MB)
地図の左下のクレジットには、FreeHand 7J で作成と記されています。

 注)上記の操作について : 最初の拡大操作のみワンクリック、その後のズーム切替えはダブルクリック。
   少し仕様を変えてみました。   フルスクリーン表示は→こちら


現在、上記の出版社は自社開発の地図専用ソフトにスイッチしたとのことで、Illustrator には移行しなかったという事実に、FreeHand ユーザーとしてはニヤリとしてしまうのです。
実際、処理の重い Illustrator には荷が重かったのでしょう。上のもののように描き込んだ地図を Illustrator で作成しているというのは聞いたことがありませんし現実的とも思えません。FreeHand が ADOBE に買収されて開発が止められた現在、本格的な地図は 専用ソフトか CAD にしか受け皿が無くなってしまったようです。



ご覧のように、FreeHand には CAD並の作画能力があり、それを自ら iPad 風のインターフェースにパブリッシュしてしまえるという際立った能力があります。最新の CS5総動員でもなかなか出来ない技でしょう。
この あっぱれさを、もっともっと知ってほしいので、まだまだ続けます。お付き合いください。



追記:20111024
2011年10月4日にリリースされた、Flash Player 11 には、表示上の重大な欠陥があり、修正もされずに放置されたままになっています。Flash Player 11 の表示上の欠陥により、FreeHand からパブリッシュした .swf は、全て表示できなくなってしまいました。( Flash Player 11 未満では問題なく表示します。)
この件に関しての詳しい情報はこちらを参照してください。
なお、デコンパイルソフトなどを使用して表示可能に修正できたファイルは以前同様にご覧頂けるようにしましたが、修正できなかったファイルに関しては、黄色いアラートを表示させています。




***


シリーズを続けています。初めてお越しの方は、総集編か、カテゴリーTOP(旧い順)からご覧下さい。
  →総集編 では、FreeHand の真の実力をご覧頂けます。
  →続・総集編 は、総集編の続編です。総集編と合わせてご覧下さい。
  →FreeHand_使い方 DTP編、FLASH編など含め、全10編。
  →FreeHand_INDEX はこちら
  →付録編 では、ざっくばらんな情報をご覧いただけます。諸々入れて全10編。
  →Tips編 1分で出来る小ネタ集など。全5編。
  →FreeHand VS CS4 では、最新版の Illustrator CS4 と比較しています。どうよ。
  →FreeHand VS CS5 では、最新版の Illustrator CS5 と比較しています。どうよ。どうよ。
  →FreeHand_入門編 Illustrator の作業が、FreeHand ではこんな感じ。全10編。
  →FreeHand_番外編 実践的に使える裏技テクニックほか、様々な情報を提供。諸々10数編。
  →すごいぞ FreeHand 編 今なお圧倒的な生産性の高さを誇る FreeHand の底力をご覧頂けます。
  →FreeHand VS Illustrator 初期バージョンから最新バージョンまで、ガチンコ比較してみました。

  → FreeHand インストール アクチベーションサーバ廃止に伴い、シリアルナンバーが公開されました。


***



   →FreeHand カテゴリー 一覧はこちら









FLASH ! on Tablet-PC <iPad 風操作をパソコンで> [FLASH !]

APPLE製デバイスである iPad、iPhone、iPod Touch 等では FLASH は動きませんね。
これは、FLASH で仕事をしている者にとっては ちょっと残念なことなのですが、タッチパネル仕様のパソコン(タブレットPCなど)があれば、iPad 同様の操作を FLASH が実現してくれます。
勿論、普通にPCでマウス操作も可能。電子黒板にも対応するなど FLASH の汎用性の高さは抜群です。
すでに紹介してきたものも多いですが、タブレットPCでの動作の様子を、YouTube で一挙公開!
(映像のタブレットPCは、Fujitsu製 FMV-T8190)



   ※弊社WEB:実際の操作はこちら

   ※実際の操作はこちら

   ※実際の操作はこちら

   ※実際の操作はこちらで   ※関連ページはこちら

   ※実際の操作はこちらで   ※関連ページはこちら

   ※実際の操作はこちらで   ※関連ページはこちら

   ※実際の操作はこちら


単純なクリックやドラッグだけなら、FLASH は、タッチパネル上でも問題なくそのまま動きます。
しかし、タッチパネルにはロールオーバーという概念はなく、ポインタ移動は、すなわちクリック & ドラッグになるため、誤作動の原因になります。
上記のように、ドラッグの移動方向検知や、マウスの加速度計算が必要な凝ったコンテンツでは、少なからず対策が必要になります。

最新のハード上で専用アプリだけが動く iPad に比べると、FLASH は新旧様々なデバイスに対応させる必要があり、開発には結構手間がかかりますが、そのぶん活躍フィールドが広いのを励みに頑張るしかありませんね。
秋頃には、一斉に FLASH対応の iPad 対向モデルが各社から出るようです。動向は ますます見逃せません。



***



FLASH 非対応のブラウザで表示できない場合はご容赦ください。また、.xml、.rdf 記述ページでも表示できないようですので、そのような場合は再読み込みしてみて下さい。



← FLASH! 前へ ← <iPad 風操作の 電子書籍> はこちら
← あっぱれ! FreeHand -4 <iPad 風 FLASH> はこちら
→ FLASH! 次へ → <iPad 風ページトランジション> はこちら