So-net無料ブログ作成

一気に加速! 時速300km超の世界 !? 車載版 Walker View [撮影]

進行方向に、マウスドラッグ!!!   おっと、安全運転で行きましょうね。
右下のインジケータが、1/4を過ぎてからお試し下さい。パソコン環境によってはうまく動作しない場合があります。

SANYO Xacti DMX-HD1000 with Canon Wide Conversion Lens ×0.7


前々回前回と、桜の目線移動映像で作成した Walker View を紹介しましたが、今回は車載カメラで撮影したもので作ってみました。
桜ビューの場合、早送りは風情にそぐわないため等速に制限していましたが、今回のはドラッグ移動量に合わせて、コマ送りから10倍速までスムーズに加減速するようにしたため、早見も可能になりました。
撮影時の実際の車速は時速30km〜40km程度でしたから、軽く時速300kmを突破する計算になりますっ!!
(通信状況によっては加速が困難な場合があります。右下のインジケータが充分読み込んでからお試し下さい)

と言っても、今回のものは非現実的なスピード感を体験してもらうために作成したものではありません。
マウス操作だけで、スピードの加減速・正逆送りの他、左右の視界も望めますから、教習所の検定コースなどのシミュレーションに使えるとのご相談を頂いたため、テスト作成してみたものです。加減速自在なため、じっくり見ることも、飛ばし見することも出来るので、確かに もってこいだと思います。
ちなみに、ダブルクリックすると実際の速度で再生します。ドラッグが面倒になったらダブルクリックしてご覧下さい。

今回はとりあえずのテスト撮影でしたが、超広角レンズを使って、オープンカーでの撮影も試してみたいと考えています。(こちらは趣味の比重が大きいです(^^)
ドライブレコーダーのデータも使えそうなので、お気に入りドライブの記録を残して後で楽しむのもいいかも。

それから、Walker View のもう一つの特徴である分岐選択も追加してみたいところですね。ムービーがベースの場合、分岐点から戻していくとか出来るのかな??? まぁ、色々試行錯誤してみます。
興味があれば、また覗きにきて下さいね。

当映像はハイビジョン撮影(1920×1080i)データですが、容量を押さえるために相当圧縮してあります。
また、両サイドに余裕域を持たせるために、映像の表示サイズは VGA相当(通常のSD映像程度)です。
ハイビジョン撮影の割には画質が粗い点は、ご容赦下さいませ。 また、サウンドはカットしています。


別ウインドウでも操作頂けます。こちらのは左右の視線移動をキャンセルしてみましたので、ウインドウを WIDE にして(左右一杯まで引き延ばして)操作して下さい。


*パソコン(CPU性能)によっては、等速度以上の映像再生が出来ない場合もあるようです。ご了承下さい。




タグ:撮影 Flash

iPad のスペアナで 巨大NSスピーカーを測定してみました。 [我流オーディオ独り言]

iPad アプリ【bs-spectrum】を使って、NSオーディオの周波数特性を測定してみました。
このアプリで以前測定した時に、聴感以上に低域の表示が落ちるので信頼出来なくて、買ったまま使ってなかったのですが、iPadには低域カットのフィルタが入っているとの情報があったため、それを解った上で使う分には何かの目安になるだろうと、今回改めて使ってみた次第です。

spectrum2.png
音源はこちら。ホワイトノイズは全音域の周波数成分を均等に含む音源です。

私のところの NSオーディオは、色々いじっていてオリジナル状態ではないのですが、とりあえずリスニングポジション(スピーカーから約3m)での測定結果は上の通り、なかなかフラットで癖のない特性でした。
聴感だけをたよりにセッティングしてきましたが、まずまず満足いく測定結果でホッとしています。
なにせ、40年以上前の特異な巨大スピーカーですから、、、。
(150Hz付近から下は、iPadの特性として落ち込んでいるものと思われます。実際には、50Hzあたりまで ほぼフラットに感じられます。)


スイープトーンによる 1000Hz付近、13000Hz付近、18000Hz付近の測定結果は以下のような感じ。
spectrum_1000.png
spectrum_13000.png
spectrum_18000.png

オーディオと iPad の間のやり取りでは、20000Hz付近まで十分な音圧で測定出来ているのですが、私の耳では13000Hzあたりが上限で、それ以上の周波数の音は聴こえません。(ショック!)
まぁ、15000Hz以上の音が聴こえるのは 十代ぐらいまでといいますから、歳には勝てません。
せめて、自分の可聴範囲の特性は出来るだけフラットを維持出来ますようにと祈るばかりです...。


ちなみに、NSスピーカーとは対極を行くようなスピーカー「タイムドメイン」 →こちらに関連ブログ も測定してみました。
オーディオにうるさい友人数人が絶賛するので試しに手に入れてみたものですが、私の耳には、オーディオっぽい音にしか聞こえなくて、まったく使用していません。(勿論、悪い音ではありません。好みの問題です。)

spectrum_TimeDomain.png
特性は、やはり小口径のスピーカー然としたものです。
バスレフで膨らませた低域、ピークやディップのある中高域、狭いフルレンジ特性、、、など。

ただ、このような特性グラフからだけでは、音の良し悪しは勿論、品や雰囲気、音場感や空気感などについては量りようもないのは当然です。タイムドメインが言うところの、時間軸での共振の影響なども勿論見えません。

しかし、NSスピーカーとタイムドメインの音の違いは、確かにグラフから感じ取ることが出来ますね。
やはり、より自然に聴こえる NSスピーカーの音は、特性的にも変な癖がないということでしょう。

あくまでも目安としてですが、スピーカー特性の一側面を垣間見る(周波数特性の「癖」程度ですが…)ということに限って言えば、今回、それなりに利用価値はあると感じることができました。
出来れば、様々なタイプのスピーカーの特性を比較出来るサイトなどがあれば、実際の音が聞けない場合に、音を思いめぐらせるための参考データとして色々比較して見てみたいという興味がわきますね。
マイク内蔵で規格も均質な iPad なればこそ、比較しやすいデータの揃うことが期待出来ます。


→ 我流オーディオ独り言-7 <iPadのスペアナで測定(その2:生音との比較)>アップしました。



YAMAHA NS-30 Audio System (1960年代のスピーカー:口径90cmの特殊巨大ユニット:NSスピーカーシステム)
リスニングポジション(今回の測定ポジション)からパノラマ撮影 (約18畳スペース)

ダブルクリックで Full Screen 表示しますです。






→ 我流オーディオ独り言-1 <NSスピーカーのお話-1>
→ 我流オーディオ独り言-2 <NSスピーカーのお話-2>
→ 我流オーディオ独り言-3 <NSスピーカー三昧>
→ 我流オーディオ独り言-4 <生音に迫る音>
→ 我流オーディオ独り言-5 <生音場に迫るために>