So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年01月23日| 2017年02月07日 |- ブログトップ

旧型スマホの活用を考える [iPad]

旧型スマホの活用を考える…。
きっかけはスマホの調子がおかしくなって来たからだったんですけど、私の場合、自宅オフィスにこもって仕事をする事が多いため、スマホ依存度はかなり低いんですよね。android バージョンも、今時 2.3 って具合だったりして。(**)

いよいよ最新機種に買い替えかなと考えては見たものの、現在のライフスタイルでは、宝の持ち腐れになってしまいそうなので、どうするのが望ましいのか模索する事にしてみました。


基本、スマホはモバイル契約せずに無線 LAN で使用。 必用に応じて モバイルルーターを活用。
となれば、最近のスマホ(VoLTE機)だと大手キャリアとは このような契約は出来ないんですよね。
格安 SIM での契約も有りだけど、調べてみると音声通話はかえって割高になる場合が多いみたいです。
なにせ、今まで無料通話付きのガラケーと同じ契約で、しかも無料通話の範囲内で使えてましたから。

結局、無料通話付きのガラケー契約を維持しつつ(この契約も、いつまで維持出来るか解りませんけどもね。
キャリアの意向としては、音声通話を VoLTE に一本化していく過程でガラケー契約を解除していく方針のようですから)、モバイルルーターの契約を見直す方向で考える事にしました。
現在ガラケー契約中で、ぼつぼつスマホを検討しようかという方にもお役に立てる情報があるかもしれません。



0sim(データLTE)契約

自分のライフスタイルに合うモバイル契約が出来ないものかと探してみると、まさに理想的な契約が存在しました。当ブログと同じ系列である So-net 系の格安 SIM契約の 0sim です。
使った分だけの支払、しかも 500MB/月以下なら、支払は不要と言う太っ腹!!!
たまにしかモバイル接続しない私にとっては、これ以上無い契約でした。
実際、昨年の11月に契約して以来、まだ一度もお支払いしていません!!(月平均300〜400MB程度です)
たまの外出時に調べものをしたり、マップを利用する程度のモバイル利用なら、この契約で十分と思われます。



ガラケー(3G)契約の維持

手持ちの機種は一応スマホなんですけど、旧型のためガラケーと同じ 3G契約です。
キャリアは AU。 基本 AUのガラケー用 SIM対応機は SIMロックが掛かるようになっており、簡単にデバイス交換出来なくなっているんですよね。調子の悪くなったスマホの SIM を外して別の機種で使うというような事も制限されるんです。(最近のスマホでは、行政指導により SIMロックは無くなっています)
この現実に、いっその事ガラケー契約を解約しようかとも考えたんですけど、なんにでも例外はあるもので、調べてみると、AU内 SIMフリー機 というのが存在しました。以下の機種になります。(標準SIMモデル)

 SIRIUS α IS06
 MIRACH IS11PT
 Xperia acro IS11S
 EIS01PT
 Windows Phone IS12T
 GALAXY S II WiMAX ISW11SC
 Optimus X IS11LG
 Xperia acro HD IS12S
 HTC J ISW13HT
 AQUOS PHONE CL IS17SH

このリストは、私にとってだけでなく、AUのガラケーを使ってられる多くの方にとっても、非常に意味のあるものなんですよね。
なぜなら、SIMロックが掛かっている為にショップでないと機種交換出来ないと諦めていたのが、上記リストの機種であれば、手持ちのガラケーSIMを使って いつでも差し替え自在に好きなスマホを使える訳ですからね。
(注:パケ死にはご注意下さい。モバイル通信 OFF でお試しを)

3Gスマホは、パケット通信速度が遅くて料金設定が高いため現在の LTE(4G)スマホに置き換わられてしまいましたが、LTE対応のモバイルルーターと組み合わせて使えば問題ありません。
メリットとしては、電池の持ちが良いとか、FLASHコンテンツが見れるとか、通話料金の設定が安いというのがありますね。LTE対応のモバイルルーターを持っていれば、3Gスマホの方がメリットが有るという考え方さえ出来る訳です。

ということで、とりあえず私は3G契約を維持して、調子の悪い手持ちのスマホに替わる機種をこの中から入手することにしました。
まず、手に入れたのは EIS01PT という機種。手持ちスマホの姉妹機で同仕様のビジネスモデルです。
スマホ入門用スタンダード機ですが、小型でシンプルなデザインが気に入っていたので迷わず入手しました。
ヤフオクで全くの無傷、新品同様のものが、送料込み1000円未満で落札出来ました。(安っ !!
これで、とりあえず調子の悪かったスマホ装備に問題はなくなりました。


それでも、さすがに android 2.3(正確には2.3.4)てどうなのよって、ありますよね。
(もちろん、仕事上の動作確認用に、白ロムの android 4.4 や 6.0 モデルなども持ってはいるんですけどね)

なので、予備機と動作確認用途、他端末の検討も兼ねて、android 4.0 のワンセグ付きモデル(Aquos Phone)とか、有機ELディスプレイモデル(Galaxy)とか他機種も落札してみました。
どれも新品同様品と言えるぐらいの状態だったので大満足。(落札価格も送料込みで全て2000円未満でした)
この辺りのスマホ(LTE非対応モデル)は、LTE買い替え需要で使用期間が短く(多分、1〜2年使っただけで そのまま大事に仕舞われていたと思われ)程度の良いものがお安く手に入るんですよね。

でもまあ、通話用途+αには、やっぱり使い慣れた EIS01PT を継続使用し、android 4 以降でないと使えないような機能(例えば Screen Share など)は対応スマホ併用というスタイルで当面やって行こうと決めました。


斯くして、手持ちスマホの調子が悪くて悩んでいたのが嘘のように一気に解決した上、複数の予備機まで手に入ってしまったのでした。 けれども、旧型スマホの活用話は、ここからが本題となるんですよね。(^^)




スマホを子機として活用

複数台入手した旧型スマホを、全て予備機として保管しておくのも、たまにだけ動作確認用途として使うのも、ただそれだけではもったいないですよね。旧型スマホをもっと有効活用出来ないものかと模索していたら、、、
ありました!! 固定電話機の子機として活用出来る方法が!

現在の固定電話契約は、光フレッツのひかり電話2回線なんですが、NTT から提供される ひかり電話ルーター(PR-400KI)にはスマホを5台までを子機として接続出来る機能があらかじめ備わってるんです。
なんだ、なんの投資も必要なく、今ある機器の設定だけで出来るようになっていたんですよ!
早速設定してみると、嘘のように簡単に使えるようになりました。
設定方法はこちらが参考になります。android 2 で使う場合は CSipSimple と言うアプリが使えました。

現在、固定電話回線の親機2台に、スマホ5台を子機として設定し、各部屋に配備しています。
旧型スマホを活用するには、これに勝る 簡単かつ有効な方法は無いのでは無いでしょうか?!
いきなり固定回線の電話機が7台に増えました!! 内線通話も自由自在です!!!


AquosPhone-1.jpg
カールコードを付けて、固定電話風佇まいの Aquos Phone 固定電話機の子機として稼働中

AquosPhone-2.jpg
SHARP の Aquos なので、地デジも得意。もちろん、固定電話機の子機として稼働中ですよ

IS11PT.jpg
調子の悪かった元々のスマホも、余生は 子機 兼 目覚まし時計 兼 ネットラジオとしてまだまだ健在です
(普段は普通に時計です。 そうそう、ピクチャーフレームとしても使えますね。)
充電スタンドがあるのでとても使い勝手がいいんですよ




固定電話回線のスマホ子機を外に持ち出す

こうなると、スマホ子機をモバイルで持ち出して、固定電話回線を外で使えないものかと欲が出てきますよね。
いままで固定電話に掛かって来た電話はスマホに転送していた訳ですが、スマホ子機の機能をモバイルで使えるようになれば転送しなくても良い訳で、、、うんうん、色々メリットもありそうです。

モバイルから固定電話の子機として内線接続するには、オフィスの LAN に VPN接続すれば可能になります。
設定の仕方などは、こちらのサイトが参考になります。

これにより、通話用 SIM が無くても自宅の(オフィスの)電話番号でモバイルフォンとして使えるようになり、旧型スマホの活用度合いも一段とアップしますね。




スマホを親機にして子機を設定する

予備に購入したスマホは、固定電話の子機として有効活用することが出来ましたが、携帯電話として使用しているスマホに別のスマホを子機として設定は出来ないものかということにも欲が出てきました。^^
Bluetooth の設定では、スマホ同士でもペア設定出来るのに、親子の関係にはならないんですよね。
結論から言えば、スマホの子機としてスマホを設定することは出来ませんが、そのような使い方は、PHSなら出来るという事でした。情報を探すと、下記のようなリストがありました。

Willcom WX01S
Willcom WX03S
Willcom WX03SH
Willcom WX07K
Willcom WX11K
Willcom WX12K
Willcom 401KC
Willcom 402KC

上記リストの PHS なら、スマホとペア設定すれば親子電話として使用出来るようになります。
私の場合、スマホは充電スタンドにセットしていることが多く、別の部屋に居る時にスマホが鳴ると慌てて取りに走るという事が多かったのですが、PHS子機を追加したことで走り回ることも減りました ^_^

PHSの他に、子機として使用出来るこんな商品もありますね。ただ、ちょっと小さすぎるので子機の予備機として保留中。活用用途を思案中です。(ちゃんと機能しているので、なんとか有効活用したいものです。)




MAC や iPad との同期(カレンダーなど)

スマホは android を使ってますが、もともとパソコンは MAC だし、タブレットは iPad だし、iPod も最新型にしたし、、、という事で、Apple デバイスとの同期は必須でした。
今までスマホだけ別扱いにして来たこともあり、余り意識してなかったんですけど、今回複数機種のスマホを扱うようになって、全て同期させて行くべきという意識が強くなったんですよね。
なにより、仕事でメインに使っている MAC の iCal(スケジュール)がスマホと同期してなければ、外出先でスケジュール確認も出来ないという事で、色々試してみました。

最も確実性が高く、使い勝手の良かったのが iCalendar Sync Cloud というアプリでした。
過去10年分程のスケジュールが詰まったカレンダーデータだったので、一部のカテゴリーは容量オーバーのせいか同期出来ませんでしたが、不要なカテゴリーを外して同期させたところ、新しいスケジュールもすぐに更新するようになりました。
他に、GALAXY には、Kies という iTunes 風のソフト(MAC対応)も提供されており、ほぼ垣根なくデータを同期させることが出来るようです。




格安SIMのデザリング問題

モバイルでのネット接続は、イーモバイル系のモバイルルーター GL06P というのを使っていたんですが、docomo系の 0sim だとバンドが合わず、いわゆるプラチナバンドを有効に使えないため混み合うと速度が出なくなる事が解ったため、docomo 系スマホで Xi 対応のものを入手し、デザリングで使用する事にしました。
新たに入手したスマホは GALAXY SC-03E という機種で、android 4.3 モデルです。(さすがに LTE 対応モデルは、ヤフオクでも結構な値がつきますね。**)

あくまで、このスマホはルーター機能メインで使用するために購入したのですが、肝心のデザリングを ON にするとモバイルネットワークが切れると言う現象が出たため、なかなか実際には使うことが出来ませんでした。
色々調べてみると、docomo 機の場合、格安 SIM ではデザリング時にエラーが出るような仕様になっているとの事。 詳しくはこちらこちらも。
対策方法もリンク先に書かれていますが、私の場合、どうしてもうまく行きませんでした。

諦めかけていると、どうやら GALAXY モデルに限っては別の方法で対策しないと対処出来ないという事が解り、こちらのリンクで何とか対策することが出来ました。
なかなかここまで辿り着くのは大変でしたが、めでたく 0sim でもデザリング対応完了しました!!!



さて、いかがでしたでしょう? 最新のスマホで素直にキャリアと契約していれば、もっと楽に最新機能を享受出来たかもしれませんが、なんとか旧型スマホを活用したいとの思いで、いろんな情報を仕入れることが出来、少しばかりは知的好奇心も満たされたと思えば良い経験ではありました。


結局、私の場合、無料通話(繰り越しで最大6000円分)付きのガラケー契約(月額1000円)を維持したスマホ EIS01PT と、0sim 契約の SIM を入れた docomo Xi 機 GALAXY SC-03E android 4.3 の2台持ちで、スマホ1人分の月額維持費は1000円ポッキリのままです。(←実はこれが最大のメリット!
加えて、手に入れた複数のスマホ予備機は固定電話の子機として有効活用のおまけ付き。

なかなか悪くはないでしょう?




現在、AU のガラケーをお使いで、そろそろスマホをとお考えの方がおられたら、お手持ちのガラケーSIM がそのまま使える AU内 SIMフリー スマホは、ひとつの狙い目だと思いますし、(めっちゃ安いし、そもそもガラケーからいきなり最新スマホに買い替えてもすぐには使いこなせないだろうからまずは入門機でということで)
0sim の契約もなかなか魅力的な選択肢(節約すればタダだし)だと思われます。
ご参考まで。 (^^)/




Smartphone2.jpg
左:無料通話付き 3Gスマホ AU sim    右:docomo Xi LTE スマホ 0sim

タグ:Android iPad
2017年01月23日| 2017年02月07日 |- ブログトップ