So-net無料ブログ作成
検索選択
趣味の修理/改造 ブログトップ
- | 次の1件

スマートウォッチを修理してみた。 [趣味の修理/改造]

昔から、ものづくりの傍ら、壊れた家電製品なぞ修理/改造したりするのが楽しみ(= 趣味)でした。(^^)
以前もロボットの修理編とか書いたことありましたが、新カテゴリーとして「趣味の修理/改造」を追加してみたいと思います。


今回は、最近手に入れたスマートウォッチをいきなり修理!!!


スマートウォッチと言っても、中華製のおもちゃなんですけどね。
スマホの着信に気付かない時、バイブで教えてさえくれれば、それだけでも値打ちがあるのかなってつもりの、お試し買いでした。amazonで安かったので色違いを2個購入()。

ところが、白い方は全然問題無く動作するのに、赤い方は着信と同時に回線を切ってしまうと云う困ったやつで、初期不良品として代替品を送ってもらうことになりました。
中国からの船便で約半月後に到着。代替品は回線は切らなかったけれど、肝心のバイブがどうしても動作しない、やはり初期不良品でした。ウエアラブル端末がバイブ不良って、どうよ。 てことで
中国の販売社と相談し、更にもう1台代替品を送ってもらえることになったのですが、やはり半月後に届いたものも、先の代替品と同じくバイブが動作しないものでした。


安いものだし、対応も良く海外から2度も代替品を発送してもらったことに対しては恐縮もしていたし、不良品は返却不要とのことだったので、もうそれ以上の要求はせず、正常品1台、不良品3台で受領しました。

こうなったら、3台の不良品をなんとか使えるものにしたい! という事で、修理にチャレンジと相成るわけですね。

バイブが動作しないという事は、組立て精度が悪く、バイブモーターのウエイトがひっ掛かって回転出来ないのではないか位のことを想像していたんですが…



開けてびっくり、驚愕の中華クオリティ!


なんと、バイブモーター自体が付いて無いではないですかっ!!! えぇ〜〜っ!

SmartWatch.jpg

右のが最初の不良品(着信と同時に回線を切ってしまう困ったやつ:バイブモータ付)、そして左が代替品。
右上の黒い四角がスピーカーで、その下の丸いのがバイブモーターなんですけど、左の代替品にはバイブモータ自体が付いていなかったんです。そりゃ、バイブが動作するわけないですよね。
ちなみに、2つ目の代替品も同じくバイブモーター未装着品でした。


これは、想像するに、組み立て工程で部品が不足したけど、「ええい、行ってしまえ」とばかりに、部品不足のまま組立てて出荷したのではないかと思われます。製造現場の無責任体質、検品もせずに出荷してしまうメーカーの無責任体質の成せる技ですね。さすが中華クオリティ。(中華製品にも驚く程よく出来たものも中にはあるんですけどね。やはりこんなのが多いのも事実です。)


最初の不良品(着信と同時に回線を切ってしまうやつ)は、基板に問題がありそうなので諦めて、そこに付いていたバイブモーターを代替品に移植したら、あっさりと動作して修理完了してしまいました。 ┓( ̄∇ ̄)┏


まぁ、これで終わったら簡単すぎて面白くないので、2つ目の代替品もなんとか修理してみようという事で…
壊れて使わなくなったガラケーのバイブモーターを取り外して移植にチャレンジすることにしてみました。


ガラケーに付いていたバイブモーターの形状は薄べったいものとは全然違うウエイトがむき出しで回転する細長いタイプで、蓋を閉じるとウエイトが回転するための厚みスペースがギリギリ確保出来ませんでした。

VibeMotor.jpg
本来あるべきところに付けては見たものの形状が全く違うバイブモーターで蓋閉めると回らず(泣)


で、苦肉の策で以下のように。
VibeMotor2.jpg

ウエイトが回転するスペースを確保するために裏蓋に穴をあけちゃいました。ちょうど蓋の厚み分(1mm程度)だけスペースが不足していたんです。
もともと その横にも穴があいてるし、防水でもないので気にしません。一応透明テープ貼りましたけど(笑)

まぁ、裏蓋にステンレス製のカバーが付くので、見た目も問題無しです。

SmartWatch2.jpg


斯くして、2台のスマートウォッチ無事修理完了。
受領していた不良品の3台が、正常に動作する2台になったので、交互に使用出来るようになり充電ローテーションも組めるようになりました。バイブを外したもう1台も、一応腕時計としては使えてます。
この商品、うまく使えば悪くはありませんよ。もちろん、Apple Watch 等と比較してはいけません(笑)

もし、この手のスマートウォッチで、バイブが動作しないという方がおられて、(実際私とこにバイブ無しのが2台届きましたから、きっと他にもおられるのではないでしょうか)すでに返金・返品も出来ない状況なら、分解修理してみるのも一興かもしれませんね。付いているべきものが付いていないと言う、驚愕の中華クオリティを目の当たりにするかもしれませんよ。(もちろん自己責任で)


ちなみに、この件に関して中国の販売社に連絡したところ感謝され、品質管理を徹底すると言ってましたから、現在入手出来る製品はバイブ付きの正常品になっているかもしれません。(いや、どうか解りませんが…)
どうでしょうね?



→ beats pill を修理してみた。をアップしました。








タグ:修理
- | 次の1件 趣味の修理/改造 ブログトップ